尾張名所図会でなごや探訪No11. 美濃路(本町通)碁盤割2 North of Gobanwari

尾張名所図会索引
No1 桶狭間の戦い
No2 有松から宮宿へ
No3 宮宿
No4 熱田神宮
No5 熱田から古渡村
No6 橘町
No7 大須観音周辺
No8 大須門前町周辺
No9 白川公園周辺
No10 碁盤割1
No11 碁盤割2
No12 東照宮祭
No13 堀川1
No14 堀川2
No15 名古屋城
No16 東寺町
No17 東武家町
No18 建中寺・徳川園
No19 城下町周辺
No20 浄心・枇杷島
No21 美濃路清洲
No22 津島街道
No23 佐屋街道
No24 長久手古戦場
尾張名所図会の中から数点を選んで絵葉書(販売価格1枚につき100円)にして販売しています。---詳細はここをクリック----。
江戸時代地図(本町通5丁目~1丁目周辺)
江戸時代地図(本町通5丁目~1丁目周辺)

美濃路の名古屋宿にあたる伝馬会所で、本町通と美濃路は分岐する。本町通は北に向かい名古屋城へ通じていた。桜天満宮は、菅原道真のお告げに従い織田信秀(織田信長の父)により創建されたと伝えられている。毎年二月二十五日には桜天満宮祭礼では本町通で植木市が開かれにぎわった。広井八幡宮(泥江縣神社)の祭礼では、神輿が材木町の白山社まで渡御された。梵天祭は江戸中期に名古屋で流行した祭。東照宮の祭礼の十六日には魚の棚通に見物客相手に弁当などを販売し夜までにぎわった。京町筋は名古屋城の南に位置し、北側一帯には、藩の役所や藩校などがあった。茶屋町は京町筋に面した本町通の西、松坂屋の前身のいとう呉服店の店舗があり、明治時代末期まで営業していた。

尾張名所図会デジタル着色

桜天満宮
桜天満宮

織田信秀(織田信長の父)が京都の北野天満宮に参詣したとき、夢枕に現れた菅原道真のお告げに従い創建したといわれる。神木に桜の大樹が多かったので桜天満宮と呼ばれた。現在、敷地は縮小されたが桜通の南側に面して鎮座している。

本町4丁目植木市
本町4丁目植木市

本町通は名古屋城と熱田を結ぶ基幹道路として名古屋城築城とともに誕生した。碁盤割と呼ばれる城下を碁盤の目のように区画された中心を南北にはしり、本町通四丁目を南に下ると碁盤割の南端広小路に交差する。名古屋城下でもっとも賑やかな地域であった。大丸の店の前では毎年二月二十五日桜天満宮祭礼前後の三日間に植木市が開かれた。

本町3丁目植木市
本町3丁目植木市

本町通三丁目は碁盤割の中心部に位置していた。毎年二月二十五日には桜天満宮祭礼が開かれた。祭礼の前後の三日間は植木市が開かれ、近隣の村からも植木を売る村人が店を並べまるで森の中を歩くような錯覚におちいった。

広井八幡傘鉾祭り
広井八幡傘鉾祭り

広井八幡宮の祭礼は9月(旧暦8月)におこなわれ、傘のまわりを華麗な模様をほどこした布で覆い、傘の上には趣向を凝らした飾りをつけた傘鉾と神輿が白山社(材木町)まで渡御する。

梵天祭り 
梵天祭り

宝暦13年(1763)に、名古屋で流行した祭。 商家の子供たちが、剣形や箱祓を竹ざおの先に取り付けた梵天(ぼんてん)を持って、 笛太鼓に合わせて練り歩き、夜には提灯を持って集まった。 竹で出来た骨組みに紙や布を張ったハリボテがたくさん登場する大仮装行列。

魚の棚通 
魚の棚通

堀川東岸の木挽町、久屋町筋(東西を走る道を筋と呼んだ)には魚を売る店が多く魚の棚と呼ばれていた。東照宮の祭礼の十六日には見物客相手に弁当などを販売した。家ごとに提灯を掲げ、芸妓が赤たすきで手伝っている。

茶屋町いとう呉服店 
茶屋町いとう呉服店

慶長16年(1611)、織田信長の家臣伊藤源左衛門祐道が名古屋の本町で呉服小間物商を始めた。その後、万治2年(1659)祐道の遺児・祐基が茶屋町に呉服小間物問屋を開業。「現金売り正札付き掛け値なし」の商法は庶民の支持を受けた。明和5年(1768)上野の松坂屋を買収、いとう松坂屋と改めた。

動画

【動画】茶屋町いとう呉服店

地図

尾張名所図会原本

  • 桜天満宮

    桜天満宮

  • 本町4丁目植木市

    本町4丁目植木市

  • 本町3丁目植木市

    本町3丁目植木市

  • 梵天祭り

    梵天祭り

  • 魚の棚通

    魚の棚通

  • 茶屋町いとう呉服店

    茶屋町いとう呉服店

本町通 碁盤割の今昔

  • 現在の桜天満宮

    現在の桜天満宮

  • 桜通完成前の瀧兵商店

    桜通完成前の瀧兵商店

  • 桜通完成後の瀧兵商店

    桜通完成後の瀧兵商店

  • 現在の本町通

    現在の本町通

  • 現在の本町通

    現在の本町通

  • 昭和時代初頭の本町通

    昭和時代初頭の本町通

  • 現在の長者町通

    現在の長者町通

  • 現在の魚の棚通(河文前)

    現在の魚の棚通(河文前)

  • 道標(京町通)

    道標(京町通)

  • いとう呉服店(明治時代)

    いとう呉服店(明治時代)

  • いとう呉服店内部(明治時代)

    いとう呉服店内部(明治時代)

  • 現在の京町通(新愛知新聞跡)

    現在の京町通(新愛知新聞跡)

  • 新愛知新聞(昭和時代)

    新愛知新聞(昭和時代)

  • 現在の本町通と外堀通

    現在の本町通と外堀通

  • 名古屋裁判所(本町通北端)

    名古屋裁判所(本町通北端)

  • 外堀通(昭和時代)

    外堀通(昭和時代)

このページの先頭へ

INDEXへ戻る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...