堀川まつり

【動画】堀川まつり

名古屋の山車まつりと祭事・神事
尾張徳川家の雛祭り(2月中旬~3月初頭)
名古屋東照宮祭(4,16/17)
若宮まつり(5,15/16)
石取まつり(5月下旬)
熱田まつり(6月5日)
堀川まつり(6月初旬)
筒井町 天王祭(6月初旬)
出来町天王祭(6月初旬)
徳川園山車揃え(6月初旬)
那古野神社例祭(7月中旬)
徳川園「十五夜」観月会
戸田祭 本祭(10月中旬)
花車神明社祭(10月中旬)
鳴海の山車祭り(10月中旬)
宵の山車揃(2014,10,18)
大山車まつり(2010,10,16)
秋葉大祭 火渡り神事(12月16日)
名古屋の大晦日と新年

2010年6月5日、堀川の浄化をを願う「堀川まつり」が名古屋市熱田区にある宮の渡し公園周辺で開催されました。 この祭りはNPO法人「堀川まちネット」と地域住民が協力して1990年から継続的に実施しており、今回で21回目。かつてこの地域で行われていた 「熱田天王祭」を復活させようと、まきわら船や大山(山車)を手作りで再現しています。

堀川まつり
堀川まつり 大山(山車)

*以下の文章は、NPO法人「堀川まちネット」にインタビュー取材したものを要約したものです。

熱田天王祭の起源

熱田天王祭の起源は古く、平安中期頃、熱田周辺で疫病が流行したため洲崎神社、南新宮天王社に人々が旗鉾を持って疫神を奉ったのが熱田天王祭(南新宮天王祭)の始めとされています。
室町中期になると京都祇園祭の影響もあり傘鉾型の山車が参加するようになりました。その後、徐々に山車は高くなり、江戸中期には高さ約20mにもなる大山もありました。
しかし、明治に入ると市内に電線が架けられ大山の引き回しが難しくなる一方、南新宮天王社が熱田神宮内にまとめられ祭例日も尚武祭(熱田まつり)に統一されるなどして明治40年頃には天王祭の継続が困難になりました。

 

堀川まつり
南宮祭 大山(山車) 尾張名所図会

大山の中断とまきわら船の披露

なんとか天王祭を継続しようと、大山の代わりとして津島天王祭のまきわら船を勉強し、明治43年(1910)尚武祭(熱田まつり)でまきわら船を披露しました。戦中の中断をはさみ、戦後も熱田まつりの日にまきわら船は続けられていましたが、昭和50年(1975)に資金不足などから途絶えてしまいました。現在の熱田まつりの各門に設置される献灯まきわらはその名残といえます。

往時のまきわら船と大山を再現を目指す

NPO法人「堀川まちネット」の前身となるミニコミ誌発行グループ「あつたっ子」が、堀川を調べる過程で熱田天王祭の存在を知ったことがきっかけとなり、1990年に熱田天王祭の復活を目指して堀川まつりを始めました。
ミニサイズのまきわら船1隻からスタートした堀川まつりも2005年にはかつてのまきわらと同じ大きさのまきわらを手作りで再現し、現在は大中小3つのまきわらを有しています。

今年は名古屋開府400年、堀川開削400年の記念の年ということで、まきわら以前の天王祭の姿も再現しようと取り組んできた大山の曳き廻しも実施されました。
ノーパンクタイヤと鉄骨の上に鉄製のやぐらを組んだ大山は高さ16m。色とりどりの幕と竹で飾り付けした大山が夕日に照らされながら宮の渡し公園脇の道路をゆっくりと往復。
日没後、灯りがともされた大中2隻のまきわら船が宮の渡し前の堀川上を行き交いました。同日開催されていた熱田まつりの花火をバックにオレンジ色に光るまきわら船が堀川の川面に幻想的に映し出されていました。

大山の曳きまわし

  • 宮の渡し公園で出発を待つ大山

    宮の渡し公園で出発を待つ大山

  • 宮の渡し公園で出発を待つ大山

    宮の渡し公園で出発を待つ大山

  • 七里の渡し場跡に向かうため引き出される

    七里の渡し場跡に向かうため引き出される

  • 七里の渡し場跡に向かう大山

    七里の渡し場跡に向かう大山

  • 七里の渡し場跡に向かう大山

    七里の渡し場跡に向かう大山

  • 力いっぱい引かれる大山

    力いっぱい引かれる大山

  • 笛はやしの音に乗って進む

    笛はやしの音に乗って進む

  • 七里の渡し場跡に到着

    七里の渡し場跡に到着

アトラクション 太鼓の演奏

  • 太鼓の演奏

    太鼓の演奏

  • 太鼓の演奏

    太鼓の演奏

まきわら船の曳航

  • 七里の渡し場跡

    七里の渡し場跡

  • 船上での太鼓の演奏

    船上での太鼓の演奏

  • 七里の渡し場跡前を行くまきわら船

    七里の渡し場跡前を行くまきわら船

  • 初夏の夜に幻想的に輝くまきわら提灯

    初夏の夜に幻想的に輝くまきわら提灯

  • 二台のまきわら船がすれ違う

    二台のまきわら船がすれ違う

  • まきわら船の曳航も終盤を迎える

    まきわら船の曳航も終盤を迎える

  • 提灯行列

    提灯行列

  • 提灯行列

    提灯行列

TOPへ

INDEX

地図


大きな地図で見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...