尾張津島天王祭

【動画】尾張津島天王まつり

愛知県のまつり(山車祭り以外)
国府宮はだか祭2月初旬
長篠合戦のぼりまつり5月初旬
桶狭間古戦場まつり6月初旬
設楽原決戦場まつり7月初旬
西尾まつり7月中旬
刈谷万燈祭7月下旬
豊浜 鯛まつり7月下旬
一宮七夕まつり7月下旬
尾張津島天王祭7月下旬
須成祭(蟹江町)8月初旬
岡崎観光夏まつり花火大会8月初旬
日本ライン花火大会8月中旬
火おんどり8月中旬
三好大提灯まつり8月下旬
三河一色 大提灯まつり8月下旬
炎の祭典9月中旬
長久手警固祭不定期秋

日本三大川まつりのひとつに数えられる「尾張津島天王祭」。津島神社の祭礼として500年の伝統を誇り、全国の数ある夏まつりの中でも最も華麗なものと 言われています。

地図

建速須佐之男命(牛頭天王)を奉る祭礼

建速須佐之男命は疫病・災厄除けの神様で、夏に疫病が流行しないように祈願する祭りとして、この時期にそれぞれ行われていると考えられています。
津島神社の祭神である建速須佐之男命は神仏習合思想によって牛頭天王(ごずてんのう)と同一視されており、津島神社はかつて 津島牛頭天王社と呼ばれていました。津島神社は全国に約3千社ある津島神社・天王社の総本社です。

 

  • 津島市観光交流センター

    津島市観光交流センター

  • 尾張津島天王まつり屏風絵

    尾張津島天王まつり屏風絵

  • 尾張津島天王まつり屏風絵

    尾張津島天王まつり屏風絵

  • 津島神社(尾張名所図会)

    津島神社(尾張名所図会)

  • 津島の町並み 本町筋

    津島の町並み 本町筋

  • 津島の町並み 津島神社参宮道

    津島の町並み 津島神社参宮道

神輿渡御

  • 津島神社

    津島神社

  • 「神輿渡御」を前に拝殿脇で儀式

    「神輿渡御」を前に拝殿脇で儀式

  • 神輿渡御 津島神社からお旅所へ

    神輿渡御 津島神社からお旅所へ

  • 神輿渡御 津島神社からお旅所へ

    神輿渡御 津島神社からお旅所へ

  • 御旅所

    御旅所

  • 御旅所での祝詞

    御旅所での祝詞

宵祭

旧津島5ヶ村の今市場(いまいちば)、筏場(いかだば)、下構(しもがまえ)、堤下(とうげ)、米之座(こめのざ)から5艘のまきわら船が 出され天王川に浮かびます。 まきわら船に飾り付けられる半円・山型の提灯の数は365個あり、提灯の数は1年をあらわしています。まきわらの中心から縦に伸びる真柱(まばしら) には月をあらわす12個の提灯が掲げられています。
旧津島5ヶ村の今市場(いまいちば)、筏場(いかだば)、下構(しもがまえ)、堤下(とうげ)、米之座(こめのざ)から5艘のまきわら船が 出され天王川に浮かびます。 まきわら船に飾り付けられる半円・山型の提灯の数は365個あり、提灯の数は1年をあらわしています。まきわらの中心から縦に伸びる真柱(まばしら) には月をあらわす12個の提灯が掲げられています。
御旅所は天王川公園北端にあり、宵祭・朝祭を御神覧される神輿が津島神社から遷座しています。この遷座を「神輿渡御(みこしとぎょ)」といい、 宵祭日の午前中、津島神社から御旅所へと行列をなして神輿が運ばれます。この神輿が津島神社から外に出るのはこの時だけとなっています。 提灯で浮かび上がる5艘のまきわら船は一艘づつ御旅所前に接岸し、町衆の代表らが一年の疫病・災厄除けを願って御旅所にて参拝します。

 

  • 稚児を乗せると対岸に移動し、まきわらの準備へと移る

    稚児を乗せると対岸に移動し、まきわらの準備へと移る

  • まきわらに提灯をつける

    まきわらに提灯をつける

  • 日没の天王川公園

    日没の天王川公園

  • 提灯装着

    提灯装着

  • 提灯装着の間、公園ではさまざまなアトラクションが行われる

    提灯装着の間、公園ではさまざまなアトラクションが行われる

  • 提灯装着

    提灯装着

  • 提灯装着

    提灯装着

  • 提灯装着

    提灯装着

  • 手筒花火 アトラクション

    手筒花火 アトラクション

  • 船はお囃子を響かせながらお旅所に向かって漕ぎ進む

    船はお囃子を響かせながらお旅所に向かって漕ぎ進む

  • 御旅所前に船をつけ、町衆の代表らが上陸

    御旅所前に船をつけ、町衆の代表らが上陸

  • 隊列を整え御旅所に参拝に向かう

    隊列を整え御旅所に参拝に向かう

朝祭

一夜明けての朝祭には、宵祭りとは飾り付けをガラリと変えた5艘の船に、朝祭りの主役である旧市江村の市江車を加えた6艘の車楽船(だんじりぶね)が登場します。 車楽船の屋台上には能の演目を表現した人形が飾られます。宵祭に参加した5艘中、先頭を行く当番車には必ず「高砂」が乗り、その他の4艘は毎年人形が変わります。
先頭の市江車には布鉾を持った10人の若者が締め込み姿で乗り込んでいます。神社の使者による迎えを受けると布鉾を持った10人は天王川へと次々に飛び込み、 御旅所まで泳ぎ渡り、神社まで走って、神前に布鉾を奉納します。この奉納された布鉾のしずくを患部につけると病気やケガが治るという言い伝えがあります。
午前10時頃、6艘の車楽船が御旅所に到着し、各船に乗っていた6人の稚児らが上陸し終わると、御旅所の神輿を津島神社にかえす「神輿還御」が行われます。 御神体の戻った本殿にて稚児による神前奏楽が執り行われると朝祭が終了します。

朝祭

  • 市江車

    市江車

  • 市江車を先頭にして丸池に向かう

    市江車を先頭にして丸池に向かう

  • 布鉾を持った10人の若者が一人ずつ池に飛び込む

    布鉾を持った10人の若者が一人ずつ池に飛び込む

  • 布鉾を持った10人の若者が一人ずつ池に飛び込む

    布鉾を持った10人の若者が一人ずつ池に飛び込む

  • 御旅所に向かい泳ぐ若者ら

    御旅所に向かい泳ぐ若者ら

  • 御旅所に到着

    御旅所に到着

  • 神社まで走る

    神社まで走る

  • 触って健康を祈る参拝客

    触って健康を祈る参拝客

  • 6人の稚児らが順次上陸

    6人の稚児らが順次上陸

  • 役目を終えた6艘の車楽船(だんじりぶね)

    役目を終えた6艘の車楽船(だんじりぶね)

神輿還御

  • 御旅所から津島神社へと「神輿還御」の行列が出発

    御旅所から津島神社へと「神輿還御」の行列が出発

  • 神輿の後ろに続く稚児ら

    神輿の後ろに続く稚児ら

  • 神輿還御

    神輿還御

  • 神輿還御

    神輿還御

神葭流し神事

朝祭の終了後の深夜、社殿に奉斎されていた古い神葭(みよし)を天王川に流す「神葭流し神事」がひっそりと実施されます。神葭流し神事は尾張津島天王祭の本質とも いえるもので、一年間人々の祈願を受けた神様の依代である神葭を川に流し、疫神を流すという御霊会(ごりょうえ)の儀式を伝える古式の神事でもあります。 新しい神葭は津島神社本殿に納められ、一年間人々の祈願を受けます。

TOPへ

愛知の窓INDEX

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...