安井俊夫の「シリーズ愛知万博を語る」最終回-今につながる愛知万博の遺産

【動画】シリーズ愛知万博を語る最終回-今につながる愛知万博の遺産

大画面でご覧になりたい方はYouTube Network2010で

安井俊夫の「シリーズ愛知万博を語る」
No1愛知万博事務次長に就任
No2戦争体験の継承を
No3県庁職員時代のエピソード1
No4県庁職員時代のエピソード2
No5県庁職員時代のエピソード3
No6県庁職員時代のエピソード4
No7県庁職員時代のエピソード5
No8万国博覧会の歩み
No9主会場青少年公園に変更
No10環境に配慮した会場建設
No11市民参加と愛知万博
No12ナショナルデー
No13官民混成の難しさ
No14ECO技術
No15愛知万博の遺産

最終回

愛知万博閉会式-愛知県観光コンベンション課提供
愛知万博閉会式-愛知県観光コンベンション課提供

-インタビューの内容を要約して記事にしています-

ボランテイアの活躍とその後

かって日本の社会でなかったボランテイア活動が愛知万博で展開されました。阪神淡路大震災では、ボランティアをまとめるボランティアリーダが少なくうまく機能しませんでした。愛知万博ではこれを改善するため、ボランティアリーダを育ててリーダーと構成員が良い形でチームを組めるように取り組みました。始めのうちは、もたもたすることがありましたが、ただやる気のある人が集まり汗を流して一緒にボランティア活動を行ったことで、皆さんが張合いを感じられたことと思います。
万博の会期も後半になるとうまく機能するとようになり、万博終了後も何かやりたいという意見が出てくるようになりました。会期の最終日は涙々の別れがありましたが、終了後の一部のメンバーが集まってボランティア活動を継続し、NPOを設立した団体もあり、いい形で活動が継続されていると思います。このようなボランティアの活動が、今後の高齢化社会の中で役割を果たしてもらえればと感じています。

いまにつながる愛知万博の遺産

規模が小さいといわれながら、そして自然保護がむずかしいと言われながら、規模が小さくてもまとまりのある万博であったと 思います。21世紀の万博のひとつのスタイルを提示できたのではないかと思っていますし、BIEも環境を中心としてこれからの先進的なモデルになる万博だったと後に評価しています。明日に向けての思い切った実験とか展示が10年経った今、 あのこともこのことも実用化に近づいていると感じますし、それが万博の成果ではないかと思っています。

写真-愛知県観光コンベンション課提供

  • 会場案内-長久手会場

    会場案内-長久手会場

  • ベビーカー貸出-長久手会場

    ベビーカー貸出-長久手会場

  • 長久手駐車場

    長久手駐車場

  • 長久手南駐車場

    長久手南駐車場

  • 愛知環状鉄道-万博八草駅

    愛知環状鉄道-万博八草駅

  • 名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅

    名鉄瀬戸線尾張瀬戸駅

  • 尾張旭駐車場

    尾張旭駐車場

  • 豊田市インフォプラザ

    豊田市インフォプラザ

  • 瀬戸会場フィナーレ

    瀬戸会場フィナーレ

  • 長久手会場見送り

    長久手会場見送り

取材協力

愛知県観光コンベンション課

あいち海上の森センター

愛・地球博記念公園(モリコロパーク)

愛知総合看護福祉専門学校

このページの先頭へ

INDEXへ戻る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...