お伊勢参りの道 桑名市

お伊勢参りの道
美濃街道 関ケ原町・大垣市
美濃街道 養老町
お伊勢参りの道 美濃街道 桑名市
参宮街道 四日市市・鈴鹿市
参宮街道 津市
参宮街道 松阪市
参宮街道 明和町
参宮街道 伊勢市
二見道 伊勢市
伊勢別街道 亀山市
伊勢別街道 津市
 斎宮跡の南を東西に走る伊勢街道 
桑名市から海津市へ向かう美濃街道(伊勢街道)

美濃街道は、一般には東海道宮宿と美濃の垂井宿を結ぶ脇往還を指すが、桑名からも長良川右岸に沿って美濃国に到る街道が開けていた。岐阜県では伊勢に通じる街道として伊勢街道とも呼ばれている。

三重県の歴史街道 美濃街道の概要

美濃街道は、一般に尾張の東海道宮宿と美濃の中山道垂井宿を結ぶ脇街道を指すが、 桑名からも長良川の右岸に沿って美濃国に至る街道が開けていた。七里の渡しから東海道を 200メートルほど南下し、川口町と江戸町との境で東海道と分かれて 西へ向かうその道は、三崎通り、堤原を経て再び左右に分かれる。左側は照源寺や桑名駅へ向かう八丁 縄手と称する道、右側は美濃 ・ 多度方面へ向かう福島縄手と称する道である。 江戸時代後期の文化元年(1804)に刊行された 『久波奈名所図会』 は、この 場所で「傍示石、 堤原西ノ口にあり、美濃へ往還の道標なり、寛保二年戌(1742)五月建、 右ミの道とあり」と解説している。
現在、東海道との分岐点に建っている道標は、弘化4年(1847)の建立で、「右みの多度みち」に加え 「左すてん志よみち」 と彫り込まれている。「すてん志よ」とは、ステーションつまり駅のことで、 明治28年1895)に関西鉄道(現JR関西本線)桑名駅が開業し、左に進む道が駅に行く幹線道路と なったため、従来からあった道標に新しく彫り加えたのだろう。右みの多度みち」の書体や彫りの深さと、 若干の違いが見られる。
この美濃街道を多度道と称する人もいるが、正確には美濃街道が途中で多度道に分かれたものであ る。桑名は揖斐・長良・木曽の三大河川の河口に位置するため、上流の美濃地方との水運による 交易が盛んであった。
福島縄手を行く街道は、すぐに国道1号と重なり住宅や商店、小工場などの市街地が続くが、 大正時代までは一面に田が広がる道であったが、昭和7年に国道ができてから町並みを形成 するようになっていった。その国道も1キロメートル足らずで東へ分かれてゆき、街道は国道258 号の西側を養老鉄道線沿いに進む。
桑名市の多度町戸津は、古い町並みがよく残っており、代々庄屋を務めていた西田家の長屋門と 堀は風情が漂う。 戸津から多度川を渡って西に200メートルほど進んだ三叉路には、 多度大社に参詣する人のための道標があり、東側には「すぐ多度道」と刻まれ、 西側には多度大社から の帰路を教える 「右つしま左ミの道」 が刻まれている。

多度から下野代

地図


より大きな地図で 美濃街道 桑名・多度 を表示

下野代から下深谷

地図


より大きな地図で 美濃街道 桑名・多度 を表示

下深谷から桑名

地図


より大きな地図で 美濃街道 桑名・多度 を表示

このページの先頭へ

三重の窓INDEX

お伊勢参りの道
美濃街道 関ケ原町・大垣市
美濃街道 養老町
お伊勢参りの道 美濃街道 桑名市
参宮街道 四日市市・鈴鹿市
参宮街道 津市
参宮街道 松阪市
参宮街道 明和町
参宮街道 伊勢市
二見道 伊勢市
伊勢別街道 亀山市
伊勢別街道 津市
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...