江戸時代の名古屋城下「亀尾天王社(那古野神社)」

亀尾天王社(モノクロの尾張名所図会をデジタルでイメージ着色))

亀尾天王社(モノクロの尾張名所図会をデジタルでイメージ着色)

尾張名所図会原本 亀尾天王社

尾張名所図会原本 亀尾天王社

創建は延喜11年(911)といわれ、創建時より若宮八幡社と隣接していた。名古屋城築城の際には移転の予定であったがご神託によりとどまり若宮神社のみ現在地に移転した。明治9年(1876)旧藩校明倫堂跡地に移転、那古野神社と改称した。

尾張名所図会で名古屋探訪!でも紹介しています。
名古屋城
加藤清正石引きの図
亀尾天王社
三の丸東照宮
亀王天王社祭礼
伊藤呉服店
東照宮祭
梵天祭
魚の棚通
本町通三丁目
桜天満宮
本町通四丁目
伝馬会所
本町六丁目
医学館薬品会
広小路
東寺町
建中寺
東山春興
広井三蔵
洲崎神社
南寺町寺院群
若宮八幡宮
若宮祭黒船車
万松寺
総見寺
清寿院
大須観音
梵天祭
大須奉納馬の頭
日置橋満開の桜
七ッ寺
七ッ寺境内
西本願寺別院
東本願寺別院
富士見原
東輪寺
古渡村
一の鳥居
沢観音妙安寺
熱田神宮
祈年祭夕供御
白鳥山法持寺
大瀬古魚の市
築地の遊興
七里の渡し
源太夫社
姥堂・裁断橋
呼続浜
笠寺観音
音聞山
中根村
星崎塩田
有松絞り店
佐屋渡し
萱津神社
甚目寺観音
甚目寺観音詣
枇杷島橋
下小田井青果物問屋
清須総図
津島天王祭 試楽
津島天王祭 朝祭
起の渡し
桶狭間今川義元本陣
桶狭間決戦の日
名所図会の絵葉書(数点)は、名古屋城と栄、金山の観光案内所 で販売されています。1枚100円。
現在の風景 写真中央の水資源機構 中部支社あたりに亀尾天王社があった。

現在の風景 写真中央の水資源機構 中部支社あたりに亀尾天王社があった。

現在の風景 那古野神社本殿

現在の風景 那古野神社本殿

江戸後期の名古屋城下

江戸後期の名古屋城下図を拡大

江戸後期の名古屋城下図を拡大

尾府全図 尾張名所図会は、矢印の方向から描かれています。

地図


より大きな地図で アーカイブス江戸時代 を表示

動画

【動画】那古野神社例大祭

この記事は、那古野(なごや)神社 宮地俊彦 宮司にインタビュー取材したものを要約して掲載しています。

那古野神社の由来と天王まつり

若宮八幡社と那古野神社(天王社)が並んでお祀りされていました。名古屋城を築城するために若宮八幡社は現在地に移転されました。
天王社は、神仏にはかって良いということであれば移転する予定でしたが、天王社は移してはならぬとの御神託がありましたので、 天王社を残したまま名古屋城は築城されました。名古屋城の守り神としても信仰され、城下町の守り神としてもお祀りをされました。
当時(江戸時代)の名古屋の大きなお宮さんといえば、亀尾天王社、若宮八幡社、そして東照宮。それぞれの神社の例祭は 名古屋の三大祭といわれていました。昔は、旧暦の六月十五、十六日に行われていましたが、現在は七月の十五、十六日に行われます。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...