東海道 坂下宿  難所 鈴鹿越え

東海道(愛知県~三重県)
二川宿
吉田宿
御油宿
赤坂宿
藤川宿
岡崎宿
池鯉鮒宿
鳴海宿
宮宿
桑名宿
四日市宿
石薬師宿
庄野宿
亀山宿
関宿
坂下宿

【動画】東海道 坂下宿  難所 鈴鹿越え

鈴鹿街道

鈴鹿峠(378m)を越える初めての官道は「阿酢波道(あすはどう)」と呼ばれ、平安時代の 仁和2年(886)に開通した。八町二十七曲といわれるほど、急な曲がり道の連続する。 (案内板より)

関宿を出て、沓掛へ

西の追分を出ると、東海道は国道1号線に合流し西北に進む。市瀬を過ぎたあたりで右に別れ川沿いを進み、かけはね橋を渡り山中を進むと西願寺の前に出る。
西願寺を出ると再び、国道1号線に合流。一里塚跡を過ぎたところで右に分岐し、川に沿って超泉寺を右手に見ながら、関町沓掛(くつかけ)の町へ入る。
馬や牛のわらじを「沓」といい、坂道にさしかかるところで馬のわらじを取替え、 旅の安全を祈ってその「沓」を木などに「掛」けたところ。沓掛の町を過ぎ山道を坂下宿へと向かう。


より大きな地図で 関宿・坂下宿と東海道 を表示

  • 東海道関宿西の追分 大和街道と分岐

    東海道関宿西の追分 大和街道と分岐

  • 左 大和街道 右 東海道

    左 大和街道 右 東海道

  • 鈴鹿川に架かるかけはね橋

    鈴鹿川に架かるかけはね橋

  • 鈴鹿川

    鈴鹿川

  • 西願寺 関町市瀬

    西願寺 関町市瀬

  • 西願寺前の東海道

    西願寺前の東海道

  • 関町市瀬の町並み

    関町市瀬の町並み

  • 藤の茶屋跡

    藤の茶屋跡

  • 筆捨山

    筆捨山

  • 一里塚跡石碑 国道1号沿い

    一里塚跡石碑 国道1号沿い

  • 一里塚跡石碑

    一里塚跡石碑

  • 国道1号から右に分岐沓掛へ

    国道1号から右に分岐沓掛へ

  • 関町沓掛の町並み

    関町沓掛の町並み

  • 関町沓掛の町並み

    関町沓掛の町並み

  • 超泉寺 真宗大谷派

    超泉寺 真宗大谷派

  • 超泉寺本堂

    超泉寺本堂

  • 坂下簡易郵便局方面

    坂下簡易郵便局方面

  • 鈴鹿峠自然の家付近の東海道

    鈴鹿峠自然の家付近の東海道

坂下宿

坂下宿は近江から鈴鹿峠を越え伊勢に入った最初の宿場。もとは片山神社下の谷間にあったが 慶安三年(1650)の大洪水で宿が壊滅し、翌年現在地に移転された。江戸時代には東海道五十三次 のうち四十八番目の宿場町として賑わいをみせ、東海道の難所である鈴鹿峠を控えて 参勤交代の大名家の宿泊も多かった。江戸時代後半には本陣三軒、脇本陣一軒、 旅籠四十八軒を数える東海道有数の宿場であった。
(亀山市教育委員会案内板抜粋)。


より大きな地図で 関宿・坂下宿と東海道 を表示

  • 坂下宿 伊勢参宮名所図会

    坂下宿 伊勢参宮名所図会

  • 坂下宿松屋本陣跡付近

    坂下宿松屋本陣跡付近

  • 松屋本陣跡石碑

    松屋本陣跡石碑

  • 坂下宿東の入口方面

    坂下宿東の入口方面

  • 坂下宿大竹屋本陣跡方面

    坂下宿大竹屋本陣跡方面

  • 坂下宿大竹屋本陣跡石碑

    坂下宿大竹屋本陣跡石碑

  • 坂下宿梅屋本陣跡付近

    坂下宿梅屋本陣跡付近

  • 法安寺から坂下宿梅屋本陣跡を見る

    法安寺から坂下宿梅屋本陣跡を見る

  • 法安寺 曹洞宗

    法安寺 曹洞宗

  • 法安寺・松屋本陣の門

    法安寺・松屋本陣の門

  • 小竹屋脇本陣跡から西を見る

    小竹屋脇本陣跡から西を見る

  • 小竹屋脇本陣跡から東を見る

    小竹屋脇本陣跡から東を見る

  • 岩屋十一面観音入口

    岩屋十一面観音入口

  • 岩屋十一面観音堂 旅人の道中安全を願って岩の断崖をくりぬき造られた

    岩屋十一面観音堂 旅人の道中安全を願って岩の断崖をくりぬき造られた

東海道の難所 鈴鹿越え

岩屋十一面観音から400m余進むと、片山神社の参道の鳥居が建っている。 ここから森のなかの山道を片山神社へと進む。このあたりは「古町」と呼ばれ、慶安三年(1650)九月の大洪水で宿場が壊滅するまで 坂下宿のあった所。片山神社は、古くは「鈴鹿明神」「鈴鹿権現」などともよばれ、延喜式内社として古代から信仰を集めてきた。
片山神社から敷き詰められた石畳を登ると 「ほっしんの 初(はじめ)に越える 鈴鹿山 」と刻まれた芭蕉碑が置かれている。
碑を過ぎて、さらに東海道を登ると鏡岩に通じる道がある。鏡岩は、縦2.3m、横2mあり、むかし峠に住む盗賊が街道を通る旅人の姿をこの岩に映して危害を加えたという伝説から俗称「鬼の姿見」ともいう。
鏡岩から再び東海道に戻り、田村神社跡を過ぎると三重県と滋賀県の県境にいたる。 ここから京まで十七里と石碑に刻まれている。


より大きな地図で 関宿・坂下宿と東海道 を表示

  •  片山神社参道入り口

    片山神社参道入り口

  •  かっての坂下宿(古町と呼ばれた)へ参道を進む

    かっての坂下宿(古町と呼ばれた)へ参道を進む

  •  古町の入口付近にある祠

    古町の入口付近にある祠

  •  かっての坂下宿(古町と呼ばれた)へ入る

    かっての坂下宿(古町と呼ばれた)へ入る

  •  片山神社と鈴鹿峠 伊勢参宮名所図会

    片山神社と鈴鹿峠 伊勢参宮名所図会

  •  宿場の名残を残す石垣

    宿場の名残を残す石垣

  •  片山神社へ

    片山神社へ

  •  片山神社へ

    片山神社へ

  •  片山神社前

    片山神社前

  •  片山神社

    片山神社

  •  片山神社

    片山神社

  •  片山神社前の鈴鹿流薙刀発祥の地石碑

    片山神社前の鈴鹿流薙刀発祥の地石碑

  •  神社から石畳の坂を上る

    神社から石畳の坂を上る

  •  石畳の坂から見た片山神社前

    石畳の坂から見た片山神社前

  •  石畳の坂を上る

    石畳の坂を上る

  •  石畳の坂を上る

    石畳の坂を上る

  •  石畳の坂を上る

    石畳の坂を上る

  •  石畳

    石畳

  •  芭蕉碑 「ほっしんの 初(はじめ)に越える 鈴鹿山」

    芭蕉碑 「ほっしんの 初(はじめ)に越える 鈴鹿山」

  •  坂が続く鈴鹿峠

    坂が続く鈴鹿峠

  •  鈴鹿峠案内板

    鈴鹿峠案内板

  •  坂の途中にある馬の水呑み場

    坂の途中にある馬の水呑み場

  •  坂が続く鈴鹿峠

    坂が続く鈴鹿峠

  •  坂の途中かた見た風景

    坂の途中かた見た風景

  •  曲がりくねる鈴鹿峠

    曲がりくねる鈴鹿峠

  •  鏡岩に通じる道

    鏡岩に通じる道

  •  鏡岩に通じる道の途中にある田村神社跡碑

    鏡岩に通じる道の途中にある田村神社跡碑

  • 鏡岩に通じる道

    鏡岩に通じる道

  • 鏡岩 分岐から約150m

    鏡岩 分岐から約150m

  • 鏡岩 案内板

    鏡岩 案内板

  • 鏡岩から見た国道1号線

    鏡岩から見た国道1号線

  • 分岐点に戻り峠の頂上へ

    分岐点に戻り峠の頂上へ

  • 鈴鹿峠の案内板

    鈴鹿峠の案内板

  • 峠の頂上へ

    峠の頂上へ

  • 石碑

    石碑

  • 土山宿へ 

    土山宿へ

TOPへ

三重の窓INDEX

東海道(愛知県~三重県)
二川宿
吉田宿
御油宿
赤坂宿
藤川宿
岡崎宿
池鯉鮒宿
鳴海宿
宮宿
桑名宿
四日市宿
石薬師宿
庄野宿
亀山宿
関宿
坂下宿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...