東海道 鳴海宿

東海道(愛知県~三重県)
二川宿
吉田宿
御油宿
赤坂宿
藤川宿
岡崎宿
池鯉鮒宿
鳴海宿
宮宿
桑名宿
四日市宿
石薬師宿
庄野宿
亀山宿
関宿
坂下宿
 尾張名所図会「桶狭間の戦い 今川義元本陣」
尾張名所図会「桶狭間の戦い 今川義元本陣」(デジタル着色)

阿野の一里塚を過ぎると、桶狭間の古戦場が現れる。東海道を行く旅人は左手に 古戦場を望み在りし日の光景を浮かべながら鳴海宿へと向かったことであろう。

動画

【動画】桶狭間古戦場と東海道鳴海宿

刈谷市の東海道

刈谷市に入ると密蔵院 一ツ木の一里塚跡と続く。密蔵院は臨済宗永源寺派の寺院、三河三弘法の第3番霊場となっている。 東海道沿いに十王堂 、洞隣寺、乗願寺、乗蓮寺があり三河と尾張の境界である境川にいたる。


より大きな地図で 鳴海宿と東海道 を表示

  • 密蔵院

    密蔵院

  • 密蔵院

    密蔵院

  • 法林寺

    法林寺

  • 法林寺

    法林寺

  • 西福寺

    西福寺

  • 西福寺

    西福寺

  • 洞隣寺

    洞隣寺

  • 洞隣寺

    洞隣寺

  • 乗願寺

    乗願寺

  • 乗蓮寺

    乗蓮寺

  • 東海道乗蓮寺付近

    東海道乗蓮寺付近

  • 案内図

    案内図

豊明市の東海道

境川を越え、伊勢湾岸道路を越え、再び国道1号線と合流して進むこと約850m、途中名鉄本線豊明駅を左手に見て再び国道1号線と分岐する。分岐点から県道57号線と交差し100mほど行った街道の両脇に阿野の一里塚が残る。両塚が現存する例は珍しく、愛知県下では岡崎市の大平一里塚、知立市の来迎寺一里塚などがあるのみだ。
沓掛城を出陣した今川の軍勢は桶狭間の戦いで壊滅した。桶狭間の戦いの戦死者を弔った戦人塚は、名鉄名古屋本線前後駅の北500mの丘の中腹にある。桶狭間の戦いの戦死者は今川軍2,500人、織田軍830人と伝えられ、この戦人塚には、そのうちの2,500余名の霊が眠っている。
このあたり東海道沿いの豊明市から名古屋市の緑区にかけては、戦国時代に今川義元と織田信長が戦った桶狭間の戦にゆかりのある場所。中京競馬場の南にある高徳院(豊明市)の境内には今川義元本陣跡がある。


より大きな地図で 鳴海宿と東海道 を表示

  •  境川

    境川

  •  境橋

    境橋

  • 阿野の一里塚北塚

    阿野の一里塚北塚

  • 阿野の一里塚南塚

    阿野の一里塚南塚

  • 曹源寺

    曹源寺

  • 曹源寺

    曹源寺

  • 沓掛城

    沓掛城

  • 沓掛城本丸跡

    沓掛城本丸跡

  • 桶狭間の戦における戦死者を曹源寺二世快翁龍喜和尚が 明窓に命じ埋葬供養した塚

    桶狭間の戦における戦死者を曹源寺二世快翁龍喜和尚が 明窓に命じ埋葬供養した塚

  • 高桶狭間古戦場伝説地 

    桶狭間古戦場伝説地

  • 高徳院 

    高徳院

  • 高徳院今川義元本陣跡

    高徳院今川義元本陣跡

  • 今川義元の墓 

    今川義元の墓

  • 今川義元の墓 

    今川義元の墓

  • 七石表(一号碑)  

    七石表(一号碑)

  • 七石表(一号碑)  

    七石表(一号碑)

名古屋市の桶狭間古戦場遺跡

名古屋市緑区にある桶狭間古戦場址は公園として整備され今川公首洗いの泉などが残る。近くの長福寺は、上洛する今川勢を酒食でもてなしたとされ、境内には合戦死者の供養搭が建っている。


より大きな地図で 鳴海宿と東海道 を表示

  • 大高城(今川方)

    大高城(今川方)

  • 大高城(今川方)

    大高城(今川方)

  • 大高城の天守閣・本丸跡

    大高城の天守閣・本丸跡

  • 大高城から見た鷲津砦織田軍前線基地

    大高城から見た鷲津砦織田軍前線基地

  • 鷲津砦跡

    鷲津砦跡

  • 鷲津砦跡

    鷲津砦跡

  • 鷲津砦跡

    鷲津砦跡

  • 丸根砦織田軍前線基地跡

    丸根砦織田軍前線基地跡

  • 丸根砦織田軍前線基地跡

    丸根砦織田軍前線基地跡

  • 丸根砦織田軍前線基地跡

    丸根砦織田軍前線基地跡

  • 桶狭間古戦場公園

    今桶狭間古戦場公園

  • 今川公首洗いの泉

    今川公首洗いの泉

  • 今川公首洗いの泉解説

    今川公首洗いの泉解説

  • 長福寺

    長福寺

  • 長福寺

    長福寺

  • 長福寺供養碑

    長福寺供養碑

有松

古戦場を後にして、東海道は大将ヶ根で1号線と分岐して有松に入る。
竹田庄九郎らによって生み出された有松絞りは、江戸時代には東海道五十三次一の名産品と謳われてた。沿道には服部家住宅、竹田邸、小塚邸など 当時の面影を残した商家が建ち並び往時をしのばせる。
有松山車会館には、有松が所有する「布袋車」「唐子車」「神功皇后車」の山車を順次、1台づつ展示している。


より大きな地図で 鳴海宿と東海道 を表示

  • 有松山車会館

    有松山車会館

  • 有松山車会館

    有松山車会館

  • 有松鳴海絞会館

    有松鳴海絞会館

  • 有松鳴海絞会館 絞りの実演

    有松鳴海絞会館 絞りの実演

  • 服部家住宅

    服部家住宅

  • 服部家住宅

    服部家住宅

  • 竹田家住宅

    竹田家住宅

  • 竹田家住宅

    竹田家住宅

  • 岡家住宅

    岡家住宅

  • 岡家住宅

    岡家住宅

  • 小塚邸

    小塚邸

  • 小塚邸

    小塚邸

鳴海宿へ

有松を過ぎ名鉄の踏切を超えて約1km東海道を進むと、平部常夜灯があり鳴海宿へと入っていく。鳴海宿は本陣 1軒、脇本陣 2軒 、旅籠屋 68軒、総家数 847軒、総人口 3,643人の規模の宿場。
平部常夜灯から500mほどにある扇川の川向こうのにあるのが鳴海城主・安原宗範創建の寺、瑞泉寺。 さらに150m行くと曲の手、道はクランク状に曲がり鳴海宿の中心部へと進む。
本町、根古屋町には問屋場、脇本陣、本陣があり、北側の山手には万福寺をはじめとする寺院や鳴海城跡(移転前の成海神社)などが点在する鳴海宿の中心部。
作町の交差点で東海道は右に曲がり、北へ500mあまり進んだ右側にあるのが丹下町常夜灯。この常夜灯が鳴海宿の西の出入り口。
丹下町常夜灯から街道をそれ、西北へ300mの山道をのぼると成海神社が鎮座する。日本武尊(やまとたけるのみこと)を祀る成海神社は、根古屋城(鳴海城)があった場所に位置していたが、築城のため現在地に移転された。


より大きな地図で 鳴海宿と東海道 を表示

  • 平部常夜灯

    平部常夜灯

  • 平部常夜灯

    平部常夜灯

  • 鳴海宿へ

    鳴海宿へ

  • 扇川

    扇川

  • 瑞泉寺

    瑞泉寺

  • 瑞泉寺

    瑞泉寺

  • 曲の手 

    曲の手

     

  • 万福寺

    万福寺

  • 誓願寺

    誓願寺

  • 誓願寺

    誓願寺

  • 鳴海城跡(移転前の成海神社)

    鳴海城跡(移転前の成海神社)

  • 鳴海城跡(移転前の成海神社)

    鳴海城跡(移転前の成海神社)

  • 丹下町常夜灯-表に「秋葉大権現」 右に「寛政四年--」左に「新馬中」裏には「願主重因」と彫られている

    丹下町常夜灯-表に「秋葉大権現」 右に「寛政四年--」左に「新馬中」裏には「願主重因」と彫られている

  • 成海神社-もとは根古屋城(鳴海城)あった場所に位置していたが、 築城のため現在地に移転された 

    成海神社-もとは根古屋城(鳴海城)あった場所に位置していたが、 築城のため現在地に移転された

TOPへ
東海道(愛知県~三重県)
二川宿
吉田宿
御油宿
赤坂宿
藤川宿
岡崎宿
池鯉鮒宿
鳴海宿
宮宿
桑名宿
四日市宿
石薬師宿
庄野宿
亀山宿
関宿
坂下宿
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...