大正時代の名古屋「栄町交差点」

栄町交差点(デジタル着色)

栄町交差点(デジタル着色)

大正14年(1925)5月に栄町の南西角で営業していたいとう呉服店は大津町に移転し、松坂屋となった。いとう呉服店は松坂屋系列の栄屋として営業を継続した。大正11年(1922)、名古屋市は名古屋電気鉄道を買収し市営の路面電車が誕生した。

大正時代(1912-1926)の名古屋
名古屋城上空の陸軍機演習
名古屋まつり山車揃え
陸軍地方幼年学校
名古屋国技館
瀧兵商店
千種停車場
名古屋市役所前
愛知県会議事堂
名古屋市役所
栄町交差点
名古屋郵便局
名古屋駅前(大正初期)
名古屋駅(笹島)前
名古屋駅前の人力車
名古屋駅構内
東邦瓦斯本社
旭遊郭(花園町
東別院 彼岸の賑わい
東邦瓦斯工場
熱田停車場
熱田神宮海上門
第八高等学校
荒子観音寺
教育水族館と南陽館
名古屋港

動画

【動画】地図で見る広小路の変遷-昭和初頭

現在の風景

現在の風栄交差点

地図


より大きな地図で アーカイブス大正時代 を表示

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...