昭和初期の名古屋「桜通本町(株)瀧兵商店」

桜通本町(株)瀧兵商店

桜通本町(株)瀧兵商店

昭和12年(1937)に臨海工業地帯(南区熱田前新田)で開催された名古屋汎太平洋平和博覧会にむけて様々なインフラ整備が おこなわれた。代表的なものとしては名古屋駅の新築移転、東山公園の創設、桜通の建設などがある。 桜通は幅員50m、有事の際は臨時滑走路としても使用可能なように設計されていた。 建設当時は、名古屋駅から現在の桜通大津付近まで拡幅された。写真は拡幅後の桜通本町交差点。東西に桜通が通り、 写真左手は拡幅工事とともに新築された(株)瀧兵商店。

現在の風景

現在の風景

昭和8年頃の名古屋

昭和8年頃の名古屋

周辺拡大図

周辺拡大図

昭和8年 住宅地図

昭和8年 住宅地図 矢印の方向から撮影

地図


より大きな地図で アーカイブス昭和初期 を表示

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...