昭和初期の名古屋「熱田神宮」

熱田神宮

熱田神宮

熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。第12代景行天皇の御代に、 日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。 尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として 篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社(※)に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、 「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、 宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。 境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。 (熱田神宮公式サイトより抜粋)

昭和初期(1926-1945)の名古屋
名古屋城と本丸御殿
第三師団司令部
護国神社
NHK名古屋放送局
西区役所
お濠電車
帝国撚糸
幅下尋常小
明道町
日本陶器(株)
県立第一中
名古屋市役所
愛知県庁
大津橋
名古屋控訴院
敷島製パン
県立第一師範
南外堀通
那古野神社
伊藤銀行
大成尋常高等小
五条橋
新愛知新聞
徳川園
筒井尋常小
東区役所
東桜町二丁目東
東桜町二丁目西
瀧兵商店
瀧兵商店(桜通完成後)
名古屋駅(笹島)
名古屋駅前
桜橋建設
市電江川線
桜通伏見交差点付近
完成前の桜通
泥江町交差点
新名古屋駅建設
新名古屋駅
名古屋駅前
東山給水塔
名古屋第一高女
東新町交差点
瓦町電停付近
YMCA瓦町会館
栄町停車場
栄町交差点S10
栄屋
十一屋百貨店
松坂屋
南大津通
大津通俯瞰
愛知銀行
広小路記念凱旋門
広小路本町北
(株)岡谷商店
名古屋銀行
広小路長島町
広小路第一銀行
名古屋観光ホテル
納屋橋
御大典奉祝名古屋博
名古屋医科大学
名古屋市公会堂
鶴舞中央図書館
鶴舞動物園
大日本麦酒
岩井通
商工会議所ビル
中区役所
名古屋新聞
岩井通大須
大須交差点北
大須七ッ寺
仁王門通夜景
大須表参道
大須観音
大須仲店
本町通門前町北
本町通末広町
萬松寺筋
赤門市場
西本願寺別院
本町通橘町北
本町通橘町南
東本願寺別院
堀川日置橋
松重閘門
堀川古渡橋
堀川尾頭橋
白鳥貯木場
堀川大瀬古橋
南区役所
熱田神宮本宮
熱田神宮鎮皇門
中川運河
汎太平洋平和博覧会
東築地の渡し
名古屋港
東邦電力火力発電所
名古屋航空機製作所

動画

【動画】地図で見る昭和時代の熱田周辺

現在の熱田神宮本殿

現在の熱田神宮本殿

昭和8年頃の名古屋

昭和8年頃の名古屋

周辺拡大図

周辺拡大図

周辺拡大図

矢印の方向から熱田神宮を撮影

矢印の方向から熱田神宮を撮影

地図


より大きな地図で アーカイブス昭和初期 を表示

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...