名古屋開府400年のながれ

  • 2014年4月20日

    名古屋駅の120年の歩み

    明治16年(1883)、政府は東西両京を結ぶ幹線鉄道を中山道に建設することに決定しました。軍事的な理由により海岸線から離れた中山道に敷設する計画でした。中山道を走り大垣に抜ける、この案は名古屋にとって今後の発展に大きな支障をきたす...

  • 2011年12月15日

    戦後の復興から高度成長へ

    昭和16年12月8日真珠湾攻撃により太平洋戦争が開始されました。緒戦においてはマレー沖海戦の勝利など戦局は有利に展開しましたが、 昭和17年6月のミッドウェー海戦において空母4隻を失うなど、しだいに制海権を失ってゆきました。 以後...

  • 2011年12月14日

    昭和初期 (近代化進む100万都市)

    昭和4年(1929)10月に起こったニューヨーク株式市場の暴落は、世界恐慌の発端となりました。翌年には日本にも波及し、 関東大震災と昭和金融恐慌で弱体化していた日本経済を直撃しました。 同時に行った金解禁により輸出は激減し多くの...

  • 2011年12月14日

    大正時代 (全国第3位の都市へ)

    大正4年(1914)第一次世界大戦が勃発しました。日本は、日英同盟によりイギリス政府からの要請を受け参戦し、戦勝国の一員となりました。 日本本土は戦災を受けなかったこともあり、新興国家米国とともに生産拠点として貿易を拡大させ、日本...

  • 2011年12月14日

    明治時代の名古屋(東海道線開通と名古屋港建設)

    1868年に年号を明治と改め新政府が樹立されました。明治4年(1871)には廃藩置県を施行、身分の撤廃も行われました。 一方、欧米列強に追いつくため富国強兵・殖産興業を推奨し、日清・日露戦争の勝利によって世界における近代国家とし...

  • 2011年12月14日

    江戸時代(名古屋城下の都市計画)

    慶長8年(1603)徳川家康は征夷大将軍に任ぜられ江戸幕府が開かれました。慶長19年、慶長20年二度にわたる大阪冬・夏の戦役で 豊臣家は滅亡し徳川幕府の基盤はゆるぎないものとなりました。 17世紀終わり頃から18世紀初頭にかけ...

  • 2011年12月14日

    古代の名古屋と清洲城下

    古代、名古屋は東海湖という湖の中心に位置していました。この東海湖が隆起し、半島として名古屋台地が形成されました。 その表土は瀬戸、常滑方面や滋賀県に流れ、現在の良質な陶器の原料となっています。 北は名古屋城、東は覚王山、西は堀...