アーカイブス

  • 2012年8月15日

    尾張名所図会「佐屋街道 佐屋渡し 津島追分 万場の渡し」

    佐屋街道は、宮宿と桑名宿を結ぶ東海道の脇往還として明治時代初頭まで 非常に賑わった。 岩塚、万場、神守、そして佐屋宿と四つの宿場を経て佐屋「三里の渡し」で 佐屋川を下り桑名宿へといたる。 佐屋川は江戸時代中期より土砂の堆積が進み、...

  • 2012年7月30日

    尾張名所図会「起の渡し」

    起の渡しは、尾張国と美濃国の境を流れる木曽川の東岸、現在の濃尾大橋の周辺に 上、中、下の3ヶ所の渡し船が設置されていた。 上は定渡船場で羽島市新井に達し、中は大明神前であることから宮河戸の名で呼ばれ、 下は将軍家、朝鮮特使の通行の...

  • 2012年6月28日

    尾張名所図会「桶狭間の戦い 決戦の日」

    今川軍の丸根砦、鷲津砦に対する攻撃の報は、清洲城の信長の元にも知らされる。篭城か決戦かで 動揺する織田軍の重臣たちに対して、それまで動じなかった信長は、幸若舞「敦盛」を舞った後 出陣の断を下して桶狭間へと向かう。御前8時ころに熱田...

  • 2012年6月28日

    尾張名所図会「桶狭間の戦い 今川義元本陣」

    永禄3年(1560年)5月18日 桶狭間の戦いの前日、今川義元は沓掛城入城して織田軍殲滅の軍議を開いた。 大高城と鳴海城は、今川方の前線基地、織田信長は大高城の間近に鷲津砦、丸根砦を、鳴海城の東側に 丹下砦、善照寺砦、中島砦を築い...

  • 2012年5月31日

    戦後復興から高度成長へ「名古屋駅前付近(昭和29年1月)」

    名古屋駅前付近(昭和29年1月) 朝鮮特需は、日本経済は復興のはずみとなった。駅前の整備も本格的に軌道に乗りはじめた とはいえ、まだ空地もめだち民家と共存する現在では創造できない風景があった。

  • 2012年5月14日

    江戸時代の名古屋城下「中根村」

    江戸時代の名古屋城下「中根村」

  • 2012年5月14日

    江戸時代の名古屋城下「音聞山」

    江戸時代の名古屋城下「音聞山」

  • 2012年5月10日

    江戸時代の名古屋城下「熱田神宮 祈年祭夕供御」

    春に先立って農林水産物の豊作を祈る大祭、一年間の五穀豊穣を祈る祭り。 供え物をいれた櫃を御供所から内陣へ運ぶ祭礼。大篝(かがり)の他、無数の灯火を点す。 秋の新嘗祭も同じ内容で行われる。

  • 2012年5月8日

    江戸時代の名古屋城下「梵天祭」

    宝暦13年(1763)に、名古屋で流行した祭。 商家の子供たちが、剣形や箱祓を竹ざおの先に取り付けた梵天(ぼんてん)を持って、 笛太鼓に合わせて練り歩き、夜には提灯を持って集まった。 竹で出来た骨組みに紙や布を張ったハリボテ...

  • 2012年5月2日

    江戸時代の名古屋城下「大須奉納馬の頭」

    もともとは桶狭間の合戦での織田信長公の勝利を喜んだ地元の人たちが飾り馬を引いてお祝いに 駆けつけた事を発祥とする、郷土の祭礼行事。 また大須観音と馬とは昔から大変縁が深く、川の氾濫から多くの什物を救われた故事から、 馬に感...