国天然記念物 ヒトツバタゴ自生地(犬山市)

【動画】国天然記念物 ヒトツバタゴ自生地

愛知の自然と花
愛知の桜と春祭り
佐布里池梅まつり
江南藤まつり
尾張津島藤まつり
八橋かきつばた園
新緑の蒲郡
ヒトツバタゴ自生地
茶臼山高原芝桜の丘
美浜町の自然と歴史・文化
三河のあじさい寺 本光寺
四谷 千枚田(新城市)
小原の四季桜
中馬街道と香嵐渓の紅葉

国の天然記念物に指定されている犬山市池野のヒトツバタゴ自生地です。開花は枝全体に雪が降り積もったようで壮観です。ヒトツバタゴは、 国内では東海地方の木曽川流域と長崎県対馬の限られた地域にしか自生していません。形状がタゴ(トネリコ)に似て、タゴはふつう複葉であるが、 単葉(一つ葉)であることから、この名があります。別名「ナンジャモンジャ」の名でも親しまれ、樹齢約300年、高さ15~18㍍の大木が花を咲かせました。
満開は、5月10日頃。10日間ほど見頃は続きます 。
(犬山観光情報公式ホームページより)

地図

ヒトツバタゴ自生地

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ

    ヒトツバタゴ

  • ヒトツバタゴ2

    ヒトツバタゴ

to page top

INDEX

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...