名古屋城宵まつり テーマ館の展示にNetwork2010が協力します

名古屋城宵まつり テーマ館の展示にNetwork2010が協力

  • 今回で7回目を迎える「名古屋城宵まつり」が2012年8月3日(金)~15日(水)の13日間にわたって名古屋城内で開催されます。(主催:名古屋城宵まつり実行委員会)

    会期中、テーマ館となる西之丸展示館では「尾張名古屋の歴史~江戸時代から現代、そして未来へ~」と題して、歴史や町並みの変遷、文化・芸能など、尾張名古屋の魅力を紹介する展示が行われます。その中でNetwork2010が所有する地図、写真、尾張名所図会、動画が公開されます。

    動画は3本あり、館内でプロジェクター上映されます。またパネル展示ではB1サイズ(728mm×1030mm)の地図4枚、明治から昭和にかけての写真31枚、江戸時代の名古屋を描いた尾張名所図会(デジタル着色)17枚が展示されます。

    web上では細部の確認しづらい地図類も、今回は大きく印刷されておりますので、じっくりご覧いただけます。

  • 尾張名所図会の展示

    尾張名所図会の展示

    名古屋市居住者全図(昭和8年)。分割されている地図を張り合わせて合成したもの。

    名古屋市居住者全図(昭和8年)。分割されている地図を張り合わせ、デジタルリメイクしたもの。

Network2010提供資料概要
上映動画(シアター 約30席) 映像で綴る名古屋の400年 / 約20分
尾張のからくり人形を語る(九代目 玉屋庄兵衛氏)/ 約3分30秒
新生「名古屋おもてなし武将隊」お披露目式 / 約10分
地図(B1サイズ) 名古屋城下図(江戸時代後期)
名古屋全図(明治43年)
大名古屋全図(昭和初頭)
名古屋市居住者全図(昭和8年)
写真(明治~昭和) 明治時代 11枚
大正時代 4枚
昭和時代 16枚
尾張名所図会(江戸時代の風俗) 17枚

名古屋城宵まつり

名古屋城宵まつり2012

今年の見所

現代に残る名古屋の伝統・文化・歴史などをご紹介

古き良き伝統文化から昔なつかしい縁日まで盛りだくさん

名古屋城から、活気・元気を発信!

名古屋独自の食文化「名古屋めし」をご堪能ください

  • 毎年大人気!キリン城下町ビアガーデン
  • 今年初登場!西之丸ビアレストラン「北郷」
  • 充実の飲食店が勢ぞろい!城下町夜店

名古屋城宵まつり 概要

開催期間 2012年8月3日(金)~15日(水)
午後5時~午後9時(閉門 午後9時半)
会場 名古屋城内
入場料
  大人 小・中学生 福祉券(※1、※2)
前売券 700円 100円
当日券 800円 200円 200円
※1 高齢者(65歳以上・名古屋市敬老手帳ご持参の方)
※2 障害者等(障害者手帳等ご持参の方および介護者2名まで同一料金)
前売券 好評発売中
発売場所 名古屋城正門・東門入場券発売所
チケットぴあ・サークルK・サンクス・セブン-イレブン Pコード 987-824
ローソン Lコード 40758
愛知、岐阜、三重各県の中日新聞販売店(一部店舗を除く)
インターネット「中日プラス」 他
特典 当日ゆかたでご来場いただいた方は、名古屋城チケット売り場にて当日料金から100円割引きでご購入いただけます。
主催 名古屋城宵まつり実行委員会(名古屋市・名古屋商工会議所・中日新聞社・東海ラジオ放送・東海テレビ放送・名古屋城振興協会)

過去の名古屋城宵祭り

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...