名古屋の窓

  • 2014年4月20日

    名古屋駅の120年の歩み

    明治16年(1883)、政府は東西両京を結ぶ幹線鉄道を中山道に建設することに決定しました。軍事的な理由により海岸線から離れた中山道に敷設する計画でした。中山道を走り大垣に抜ける、この案は名古屋にとって今後の発展に大きな支障をきたす...

  • 2014年3月27日

    堀川を行く-名古屋城~名古屋港

    名古屋城築城とともに、福島正則によって開削された堀川は、朝日橋の南の堀留が終着点でした。名古屋城の水は辰之口水道大樋を通り堀川に流れていました。 堀留を南下して、五条橋、中橋、伝馬橋を下り納屋橋にいたります。五条橋には津島街道、...

  • 2013年4月24日

    名古屋高速都心環状線

    名古屋高速都心環状線は、江戸時代の名古屋城下を囲むように 走っている。全長は10.3km、東片端を起終点として時計まわりに 一方通行で走行する。 都心環状線周辺には、名古屋城、愛知県庁、名古屋市役所、 鶴舞公園、東別院、松...

  • 2013年2月19日

    東海道 宮宿

    丹下町の常夜灯から約1.1km東海道を京に向かって進むと天白川、天白橋を渡ると星崎に入る。 江戸時代、星崎はすぐそばまで海が迫る浜辺。その浜辺に塩田をつくり塩作りが行われていた。ここで生産された塩は塩付街道を通じて各地に送られ塩...

  • 2013年2月18日

    あおなみ線 蒸気機関車の実験運行

    平成25年2月16日・17日の両日、27年ぶりに蒸気機関車の実験運行がおこなわれた。 第1便の出発前の出発式では、ヘッドマーク除幕式などがおこなわれ名古屋駅を出発した。 終点の名古屋貨物ターミナル駅では30分ほど滞留し乗客が撮...

  • 2013年2月13日

    東海道 鳴海宿

    刈谷市に入ると密蔵院 一ツ木の一里塚跡と続く。密蔵院は臨済宗永源寺派の寺院、三河三弘法の第3番霊場となっている。 東海道沿いに十王堂 、洞隣寺、乗願寺、乗蓮寺があり三河と尾張の境界である境川にいたる。 三河と尾張の境界を流れる境...

  • 2013年1月19日

    映像で綴る名古屋の400年

    関ケ原の戦いに勝利した徳川家康は、当時の尾張藩の藩都清洲から名古屋への遷府を計画、 実行した。来るべき豊臣家との決戦に備え、低地にあって水攻めに弱い清洲から名古屋台地の 上に新首府を築くべく町ごと移転「清洲越し」と呼ばれた。

  • 2012年5月14日

    愛知県文化情報センターアートライブラリー「タリカコレクション」

    愛知県文化情報センター(愛知芸術文化センター内)のアートライブラリーには「タリカコレクション」と呼ばれる西洋美術に関する海外の文献22,398冊があります。このコレクションは、パリの美術商サミュエル・タリカとその息子アラン・タリカ...

  • 2011年12月22日

    徳川美術館

    徳川美術館は、徳川家康の遺品を中心に、初代義直(家康九男)以下代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万数千件を収める美術館です。 国宝「源氏物語絵巻」をはじめ、国宝9件、重要文化財59件など、当館ならではの種類の豊富さ、質の高さ、...

  • 2011年12月9日

    名古屋駅の鉄道路線