明治時代の名古屋「名古屋港開港」

名古屋港開港(名古屋市市政資料館所蔵の原版をデジタルリマスター)

名古屋港開港

明治40年(1907)名古屋港が開港しした。明治43年(1910)には名古屋港第一期工事が完了し開港により3,000トン級の船舶が最大10隻停泊できるようになり、外洋から物資が直接名古屋に入荷されることが可能になった。

明治時代の名古屋
金シャチのない名古屋城
名古屋鎮台
明倫中学校
日本陶器合名会社
帝室林野管理局
名古屋裁判所
伊藤呉服店
名古屋銀行
名古屋株式取引所
愛知県庁
県立高等女学校
名古屋測候所
新栄警察署
栄町官庁街
県庁前ロータリー
名古屋商業会議所
中央バザール
日本銀行名古屋支店
名古屋市役所
いとう呉服店
名古屋郵便局
濃尾地震
広小路凱旋門
岡谷商店
御園座
名古屋ホテル
納屋橋
県立医学専門学校
濃尾地震罹災者
開設当時の名古屋駅
名古屋駅構内
名古屋米穀取引所
江川洪水
鉄道敷設5000マイル
東陽館庭園
新堀川
名古屋高等工業学校
第十回関西府県連合共進会
商品陳列館
浪越公園
大須観音
名古屋博覧会
日露戦争凱旋歓迎
三重紡績株式会社
名古屋瓦斯工場
熱田兵器製作所
日本車両製造
熱田神宮
熱田魚市場
熱田港
上知我麻神社
裁断橋
名古屋港の浚渫作業
ロセッタ丸入港
名古屋港開港
飛行機名古屋へ初到来

動画

【動画】地図で見る 熱田港から名古屋港開港へ!

現在の風景 南極観測船「ふじ」が接岸展示されている

地図


より大きな地図で アーカイブス明治時代 を表示

明治末名古屋港

矢印の方向から埠頭を撮影

矢印の方向から埠頭を撮影

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...