尾張名所図会 東照宮祭山車曳き

【動画】尾張名所図会 東照宮祭山車曳き

江戸時代を通じて、東照宮祭は亀王天王社(現在の那古野神社)の天王祭、若宮八幡社の若宮祭とならんで名古屋三大祭とされていた。なかでも東照宮祭は戦前まで、名古屋最大の祭りとして親しまれた。
江戸時代、三之丸の東照宮から本町通を下り末広町の御旅所まで、三基の神輿(みこし)と9輌の山車が繰り出され、総勢4000名を超える人々が行列を作って練り歩いていたといわれている。

尾張名所図会 東照宮祭山車曳き

尾張名所図会は、江戸時代後期の名古屋の様子を描写した単色の版画絵。掲載画は、これにデジタルで着色したもの。
   その1

その1

   その1

その2

   その3

その3

   その4

その4

   その5

その5

   その6

その6

   その7

その7

その他本町通周辺関連記事

名古屋東照宮 舞楽[Network2010]

那古野神社例大祭[Network2010]

戦前~戦後の袋町周辺を語る[Network2010]

あいちトリエンナーレ2013 長者町エリア[Network2010]

美濃路 名古屋宿[Network2010]

若宮まつり-2009年5月15日・16日[Network2010]

名古屋開府400年祭-大山車まつり[Network2010]

あいちトリエンナーレ2013 白川公園エリア[Network2010]

大須観音[Network2010]

戦前~戦後の橘周辺を語る[Network2010]

戦前の東別院周辺について語る [Network2010]

戦前・戦中の熱田を語る [Network2010]

熱田まつり(熱田神宮例祭)[Network2010]

東海道 宮宿[Network2010]

映像で綴る名古屋の400年[Network2010]

このページの先頭へ

>

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...