田峯城と田峯観音

動画

【動画】田峯城と田峯観音奉納歌舞伎 2012年制作

愛知県の文化観光 施設・遺産
国宝犬山城
国宝茶室如庵
日本モンキーセンター
博物館 明治村
リトルワールド
旧磯部邸
堀田家住宅
清洲城武将隊 桜華組
Linimo リニモ
トヨタ博物館
愛知県陶磁美術館
あいち海上の森センター
瀬戸蔵ミュージアム
戦国時代の城郭再現!足助城
蔵の街半田と新美南吉
中部国際空港と常滑
海から見たセントレア
やきもの散歩道
八丁味噌の郷 カクキュー
蒲郡の歴史と観光
ラグーナ蒲郡
田峯城と田峯観音

田峯城と菅沼氏

田峯城は、県下有数の高山である段戸連峰を間近に控え寒狭川の渓流を はるかに見下ろす標高387mの独立丘陵にある山城です。 本丸から見下ろ した寒狭川の蛇行と城をいただく山並が、まさに大蛇のようであることから 田峯城は別称「蛇頭城」「竜の城」 とも呼ばれていました。
田峯城は文明二年(1470)菅沼定信によって築かれ、定信→定忠→定広→定継→定忠と、代々田峯宗家菅沼氏の居城とされました。 当時は下克上の時代、今川氏をはじめ武田氏、織田氏、徳川氏などの強大な 戦国大名が台頭するなか、この奥三河では作手の奥平氏、 長篠の菅沼氏、そして 田峯の菅沼氏三氏が「山家三方衆」として結束していました。しかしその団結も 時によっては崩れ、 姻戚関係でありながらも骨肉相食む戦いを繰り広げることに なります。
五代目城主定忠は武田方に従い、家老城所道寿とともに 長篠合戦に 出陣しますが、武田方大敗の報を受けた留守居の将・叔父定直と家老今泉道善らの 謀反にあい、田峯城に入城できずに 武田勝頼とともに信州に敗走することを余儀なく されます。復讐を誓った定忠は、翌天正四年(1576)七月十四日田峯城に夜襲をかけ、 謀反の一族老若男女九十六名を惨殺、主謀各の今泉道善を鋸引きの刑に処しました。 定忠は天正十年(1582)飯田知久平で討たれその後 田峯宗家菅沼氏は断絶しました。

地図

(案内板の文章を転写)

田峯城

  • 田峯城址と本丸跡に建つ資料館

    田峯城址と本丸跡に建つ資料館

  • 田峯城址と本丸跡に建つ資料館

    田峯城址と本丸跡に建つ資料館

  • 田峯城址は豊川の流れる断崖絶壁にある

    田峯城址は豊川の流れる断崖絶壁にある

  • 天守に置かれた物見台(レプリカ)

    城天守に置かれた物見台(レプリカ)

  • 天守に置かれた物見台(レプリカ)

    天守に置かれた物見台(レプリカ)

  • 物見台から見た豊川

    物見台から見た豊川

  • 城郭図

    城郭図

  • 入口の空堀と橋

    入口の空堀と橋

  • 逆方向から見た空堀と橋

    逆方向から見た空堀と橋

  • 表曲輪標柱

    表曲輪標柱

  • 表曲輪跡

    逆表曲輪跡

  • 畷(あぜ)曲輪から表曲輪、無名曲輪を見る

    畷(あぜ)曲輪から表曲輪、無名曲輪を見る

  • 井戸曲輪跡

    井戸曲輪跡

  • 屋敷跡から天守跡を見る

    屋敷跡から天守跡を見る

  • 左手に裏曲輪が広がる

    左手に裏曲輪が広がる

  • 天守から見たかっての城下

    天守から見たかっての城下

  • 田峯城址碑と物見台に通じる門

    田峯城址碑と物見台に通じる門

  • 田峯城址碑と資料館

    田峯城址碑と資料館

田峯観音奉納歌舞伎の由来

文明四年(1472)荒廃する真言宗日向寺を、田峯城主、菅沼定信(三郎左衛門、貞吉、信濃守)が再興、曹洞宗に改め日向寺を菅沼の菩提寺とした。
正保三年(1646)九月十四日、この寺は炎上し、またたく間に焼失してしまった。村民大いに落胆すれども容易に再興ならず、八年を費やして ようやく承応三年(1654)四月に再建した。
この再建資材を調達したのが段戸山のとうずい(地名)であることから幕府の直轄林盗伐の疑いが かけられた。このことに関連して、地元には次のような田峯観音霊験伝説が今に残る。
これによると盗伐の疑いにより、代官鳥山牛之助が実地検分にくることになった。途方にくれた村人は、もはや田峯観音のお力にすがるより 他なしとし「もし火難を救ってくれたなら、たとい村が三軒になるまで歌舞伎を奉納いたします。」と、三日三晩観音堂にこもり村中祈願した。
その満願の日、代官は手代を連れて検分にやって来た。六月の暑い日だったが、いざ山へ入ろうとするや、一天俄(にわか)にかき曇り雪が こんこんと降りだした。一行は「カヤノタワ」という所まで登ったら積雪尺を越すほどになり、これ以上進むことは困難である。
「この場で検分致すぞ」と眺めたあたりは、積もる雪で真っ白である。その為に罪をかせられた切株の跡は発見することができず代官は 「この件については証拠不充分の為、無かったものとする。」と言い残して赤坂の代官所へ帰った。
村人は観音様のおかげと、その年歌舞伎を奉納して以来、現在に至るもなお歌舞伎は続けられている。
(設楽町解説板より)

田峯観音

  • 田峯観音参道

    田峯観音参道

  • 田峯観音境内

    田峯観音境内

  • 田峯観音本堂

    田峯観音本堂

  • 舞台

    舞台

  • 舞台裏手

    舞台裏手

  • 昔の奉納歌舞伎演目

    昔の奉納歌舞伎演目

  • 昔の奉納歌舞伎演目

    昔の奉納歌舞伎演目

  • 奉納歌舞伎小屋掛け

    奉納歌舞伎小屋掛け

  • 奉納歌舞伎ポスター

    奉納歌舞伎ポスター

  • 奉納歌舞伎

    奉納歌舞伎

to page top

愛知の窓INDEX

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...