堀田家住宅(津島市)

【動画】堀田家住宅

堀田家住宅は、江戸時代中期、正徳年間(1711~1716)に建てられたといわれていて、その後修理・増築を重ね、県道拡幅工事のために 昭和48年に約60m西の現在の場所に移されました。敷地面積は、約2,055㎡(約623坪)。数度にわたって手が加えられてはいますが、質も保存状態も良く、 屋敷の構えや間取りなどには尾張の地方色がよく現れています。堀田家住宅は古図と合わせて、昭和53年5月31日、国の重要文化財に指定。津島市では 地域文化財保全事業として、敷地を購入し建物を堀田家より寄贈を受け、平成8年3月に市の所有となりました。
(津島市公式ホームページより)

地図

  • 堀田家住宅解説

    堀田家住宅解説

  • 堀田家住宅入口

    堀田家住宅入口

  • 堀田家住宅 みせ

    堀田家住宅 みせ

  • 堀田家住宅 みせ

    堀田家住宅 みせ

  • 内玄関の広い土間

    内玄関の広い土間

  • 内玄関の広い土間

    内玄関の広い土間

  • 給仕場

    給仕場

  • 座敷へ通じる廊下

    座敷へ通じる廊下

  • 座敷

    座敷

  • 居間から庭を見る

    居間から庭を見る

  • 庭

  • 茶室

    茶室

TOPへ

愛知の窓INDEX

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...