シリーズ地域活性へ!No.6-ロボカップ2017年世界大会 名古屋開催決定!

INDEXへ戻る

【動画】2017年ロボカップ世界大会誘致へ!

ロボカップ2017年世界大会 名古屋開催決定!

2017年ロボカップ世界大会誘致へ! 
2017年ロボカップ世界大会誘致へ!

インタビューの要約

2017年 ロボカップ世界大会誘致へ

ロボカップ(ロボットサッカーワールドカップ)は、人間がやるワールドカップをロボットによって行う競技です。自立型、つまりロボットが自ら判断してサッカーを行う世界大会です。1997年に人工知能の学会が名古屋で開催され、それに附属して第1回の世界大会が名古屋で行われました。2005年に大阪で開催されて以来、日本で行われておらず名古屋としては是非もういちど開催したいと誘致活動を行っています。
昨年(2014年)の春にロボカップの日本委員会におじゃました時に、次期国際委員会の会長を日本人が務めるという情報を得て手をあげることにしました。まずは日本委員会の先生方に働きかけて2017年の世界大会の日本開催の提案と名古屋を会場にするようにお願いした結果、2014年6月に日本で開催時には名古屋で行うことを日本委員会で決定していただきました。我々もぜひ勝たなくてはならないので提案書の作成を進めています。最終的には2015年7月に行われる中華人民共和国 合肥市で行われるロボカップ2015で2017年の開催地が決定されるので、それに向けて準備を進めています。

2015年7月、開催地決定

ライバルがオーストラリアのシドニーで強敵だと思っています。みなさんご存知のオペラハウスのすぐ近くに大規模なMICE(マイス) の施設、コンベンションとか展示場などを現在建設中で2016年の12月に完成する予定です。それのオープニングイベントとして ロボカップ世界大会を誘致したいと提案されています。シドニーに負けないように日本委員会の皆さんと充分調整しながら提案していきたいと思っています。会場な名古屋国際展示場(ポートメッセなごや)を予定しています。また隣接するオーシャンアリーナ(フットサル競技場)の使用許可もいただいていますので、40,000平米に近い面積を 確保することが出来ると考えています。

ロボット社会の未来に向けて

ロボット産業は国の成長戦略の一つにも位置ずけされていますし、2020年にはロボット五輪も開催も表明しています。その前段として名古屋で開催できれば大変喜ばしいと国の応援もいただいていますので、この地域はもとより日本全体がこの大会誘致を願っていると思っています。

資料と写真

  • Robo Cup Soccer

    Robo Cup Soccer

  • Robo Cup Rescue,Robo Cup @Home

    Robo Cup Rescue,Robo Cup @Home

  • Robo Cup JUnior,Robo Cup @Work

    Robo Cup JUnior,Robo Cup @Work

  • ロボカップ世界大会0

    ロボカップ世界大会

  • ロボカップ世界大会

    ロボカップ世界大会

  • ロボカップ世界大会

    ロボカップ世界大会

  • 名古屋国際展示場(会場予定地)

    名古屋国際展示場(会場予定地)

  • オーシャンアリーナ(会場予定地)

    オーシャンアリーナ(会場予定地)

  • 大会概要

    大会概要

  • 展開イメージ

    展開イメージ

地図

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...