昭和初期

  • 2012年3月30日

    昭和初期の名古屋「広小路東新町交差点付近」

    東新町交差点の西から栄町の広小路沿いには警察署、愛知県庁、名古屋市役所や金融機関が軒を並べていたが、昭和8年(1933)の名古屋市役所移転 をかわきりに中区三の丸に移転が始まった。県庁、市役所前のロータリーは無くなり、商業街とし...

  • 2012年3月30日

    昭和初期の名古屋「瓦町電停付近より北方を見る」

    現在の名古屋空港線、瓦町あたりから北に向けて撮影されている。中央に見えるのは陸田ビル。

  • 2012年3月30日

    昭和初期の名古屋「名古屋YMCA瓦町会館」

    名古屋YMCAは、明治35年(1902)に日本で6番目の都市YMCAとして設立された。大正14(1925)に中区南瓦町、739.8m2の敷地に名古屋YMCA瓦町会館が竣工した。

  • 2011年12月5日

    昭和初期の名古屋「市電栄町停車場付近」

    画面手前、停車場前は日本銀行名古屋支店、その左手に日本生命名古屋支店。画面手前左は、現在の名古屋三越、道をはさんで栄屋(旧いとう呉服店)が見える。 栄町交差点は、現在でも名古屋の中心街として発展している。

  • 2011年12月5日

    昭和初期の名古屋「昭和10年頃の栄町交差点」

    画面左手、栄屋(旧いとう呉服店)、右手日本銀行名古屋支店、遠くに名古屋市役所(昭和8年移転)と名古屋城が見える。名古屋市役所移転に伴って市電の路線が市役所まで延長された。

  • 2012年3月21日

    昭和初期の名古屋「栄屋(旧いとう百貨店)」

    慶長16年(1611)に本町通で服小間物商を創業したいとう呉服店は、いったん店を閉めるが、万治2年(1659)に 名古屋城の南、本町通を少し西に入った茶屋町に店を再興した。明治43年(1910)名古屋の中心街として発展する 栄町交...

  • 2011年12月5日

    昭和初期の名古屋「大津通東邦ガスと松坂屋」

    大正13年(1924)7月東邦ガスは熱田区の現在地に本社を移転、跡地にはガス応用実験所と本部営業所がおかれた(現在のガスビル)。また、昭和12年(1937)名古屋汎太平洋博覧会に合わせ、松坂屋は木造だった北館を増設、全館の完成をみ...

  • 2012年3月30日

    昭和初期の名古屋「松坂屋より大津通りを望む」

    現在の矢場町交差点から名古屋城方面を撮影している。写真左奥の白い建物は、名古屋証券取引所、右手隅に松坂屋が見える。その左手に 栄町交差点、中央奥に小さく名古屋城が見える。

  • 2012年4月3日

    昭和初期の名古屋「大津通俯瞰」

    現在の矢場町交差点の南から撮影した航空写真。戦後、松坂屋の西は久屋大通公園として整備される。

  • 2012年3月21日

    昭和初期の名古屋「広小路十一屋百貨店」

    画面左手前に見える鳥居は朝日神社、左手中央は元和元年(1615)に創業した十一屋呉服店を母体とする十一屋百貨店のビル。 遠くに栄町交差点が見える。昭和8年(1933)に市役所が三の丸に移転し北に延伸するまで、路線は栄町交差点で東西...