Network2010.org - 名古屋100km圏内の情報発信ネットワーク http://network2010.org/ 2021-09-13T13:36:05+09:00 なごチューブ 中部電力 MIRAI TOWERからの発信! 2021-09-13T13:04:15+09:00 2021-09-13T13:36:05+09:00 http://network2010.org/article/2173

【動画】なごチューブ 中部電力 MIRAI TOWERからの発信!

INDEXへ
①オアシス21
②なごチューブ 中部電力 MIRAI TOWERからの発信!

名古屋テレビ塔株式会社は、中部電力株式会社と地域共生活動におけるパートナー関係を結び、地域の活性化を促進し、さらに中部地区がより元気になるように連携していくこととなった。これに伴い、2021年5月より新名称「中部電力 MIRAI TOWER」として新たにスタートした( MIRAI TOWER HPより)。また、2020年11月から、名古屋を中心とした、地元の様々な情報をインターネットを使って発信するインターネット放送局「なごチューブ」を開局。タワー3F栄のMIRAIのスタジオから毎月第一、第三日曜の午前10時から約1時間の枠で、3名のゲストを迎えライブ配信を行っている。

このページの先頭へ
]]>
Nagoya Station, Then and Now 2021-05-11T14:41:55+09:00 2021-05-11T16:50:10+09:00 http://network2010.org/article/2172

Nagoya Station, Then and Now

In 1872, the first railroad in Japan was established between Shinbashi and Yokohama stations.In the Kansai region, a temporary service between Osaka Station and Kobe Station was started in 1874. In the following year, the Kyoto station and Kobe station were opened for business.In 1880, the line was extended to Otsu Station.In 1883, the government decided to build a trunk line between Tokyo and Osaka via Nakasendo for military reasons, and public bond applications began.The government decided to build the Taketoyo Line to transport goods for the construction of this line.However, this idea of going through Ogaki instead of Nagoya became a big problem for the development of Nagoya.Yoshida Rokuzai, the mayor of Nagoya at the time, objected to the government along with the prefectural governor, Kunisada Renpei.The construction of the line via Nakasendo proved to be difficult and costly due to the mountainous terrain. For these reasons, the route was changed to the Tokaido Line via Nagoya.In 1886, Nagoya Station was opened in Sasashima, which used to be a swamp and rice field.In 1889, the Tokaido Line was opened from Shinbashi Station in Tokyo to Kobe Station. At the time of its opening, there were four direct trains a day between Shimbashi and Kobe, and the journey took about 20 hours.

With the opening of Nagoya Station, Nagoya's infrastructure was developed, and Hirokoji Street was widened and extended to Sasashima.In 1889, Nagoya Ward was abolished and Nagoya City was born.In 1898, Japan's second streetcar system began operating, following the one in Kyoto. Nagoya Station and the prefectural government were connected by streetcar.In 1891, the Nobi Earthquake occurred. The station building collapsed, and was rebuilt the following year.The Chuo Line between Nagoya and Tajimi opened in 1900. To extend the streetcar line to Chikusa Station,Aichi Prefectural Office was relocated and newly built in minamibuheicho.In 1895, the predecessor of the Kansai Main Line, the private railroad Kansai Railway, entered Nagoya Station. Nagoya Station has grown into a terminal station with multiple train lines.

From the end of the Meiji era (1868-1912) to the Taisho era (1912-1926), the city of Nagoya merged with surrounding towns and villages, and in 1921, the population exceeded 600,000, making it the third largest city in Japan after Tokyo and Osaka.In the Taisho era (1912-1926), the number of passengers increased dramatically.In the mid Taisho era, the number of visitors reached 2 million a year, and by the end of the Taisho era, it exceeded 4 million.The number of train arrivals and departures exceeded 100 per day by the end of the Taisho era.Cargo to and from Nagoya Station also increased from 140,000 tons per year in 1900 to over 1 million tons per year by the end of the Taisho era.The combination of passenger and freight service was approaching saturation, and there was a strong demand for the construction of a new station.In 1934, Nagoya's population surpassed one million.To commemorate this event, the Nagoya Pan-Pacific Exposition was to be held in 1937.Various infrastructural improvements were made in preparation for the exposition.In February 1937, Nagoya Station was completed at its present location. The construction of Sakuradori, which connects the station to the city center, was also completed.

Nagoya Railroad was established through the merger of Meigi Railway and Aichi Electric Railway.After the merger, the current Mei-tetsu Nagoya Station was completed by taking over the relocated site of Nagoya Station.Trains on the former Meigi Railway line began to enter the underground station.Later, the line of the former Aichi Electric Railway was also extended and connected.

Most of Nagoya was burned to the ground in air raids by the U.S. military during the Pacific War.However, Nagoya Station survived the fire, and reconstruction work began at a rapid pace after the war.The special demand from the Korean War provided the impetus for the recovery of the Japanese economy. The development of the area in front of Nagoya Station was in full swing, and the construction of buildings had begun.In November 1957, Subway line 1 was opened. Nagoya Station and Sakae-machi were connected by subway.The reconstruction of Nagoya Castle had also begun.In 1957, the entire Meitetsu Department Store was completed. Nagoya Station started up again as the land gateway to the Chubu region.

When Nagoya Station was relocated as a passenger-only station, Sasajima Station was built as a freight-handling station.The station was connected to the Nakagawa Canal, which was opened in the early Showa era(1926-1989), and served as a relay station for cargo from Nagoya Port.Currently, operations have been moved to Nagoya Cargo Terminal Station, and the site is being rebuilt as Sasashima Live.

In 1987, with the privatization of Japan National Railways, Central Japan Railway Company (JR Tokai) was born.JR Tokai also decided to locate its head office in Nagoya, and the former Nagoya station was getting old, so it was planned to rebuild it.In 1999, JR Central Towers, a skyscraper consisting of two towers over 200 meters high, was completed.After that, a series of skyscrapers were constructed around Nagoya Station.

When the Linear-Central Shinkansen starts operation, Tokyo and Nagoya will be connected in 40 minutes, and Osaka in about an hour.The project, which will connect a population of 70 million people, is called a super megaregion.Nagoya Station, as the core station, is expected to play a major role in the success of the project.Construction work is underway around Nagoya Station in preparation for its opening.

To the top of this page

Digest of the posted video

To the top of this page
]]>
名古屋駅今昔 2021-05-11T10:23:57+09:00 2021-05-11T17:52:12+09:00 http://network2010.org/article/2171

動画-名古屋駅今昔

映像で見る名古屋の歩み
❶名古屋城400年の変遷
❷名古屋駅の130年の変遷
❸名古屋栄地区130年の変遷
❹映像で綴る名古屋の400年
❺名古屋栄地区400年の変遷
❻名古屋駅今昔ナレーション
☆INDEXへ☆

1872年(明治5年)、新橋駅- 横浜駅間に日本で最初の鉄道が誕生した。関西地区でも、1874年(明治7年)、大阪駅 - 神戸駅間の仮開業が開始。翌年には、京都駅 - 神戸駅間の営業が開始された。1880年(明治13年)には、大津駅まで路線が延長された。1883年(明治16年)、政府は東京 - 大阪間幹線鉄道を、軍事的理由で、中山道経由で建設することを決定。公債の募集も始まった。政府は、この路線建設の物資運搬のために武豊線の建設を決定。しかし、名古屋を経由せず、大垣に抜けるこの案は、名古屋に発展にとって大問題となった。当時の名古屋区長吉田禄在は、県令国貞廉平とともに政府に異を唱えた。山岳地帯が多く、難工事が予想されることや建設費用が多額になることもあり、東海道経由に変更され、名古屋を経由する東海道線建設が進んだ。1886年(明治19年)、当時沼地と田んぼであった笹島に名古屋駅が開業した。1889年(明治22年)、東海道線は新橋駅から神戸駅まで結ばれた。開業当時、新橋~神戸間の直通列車は日に往復4本、所要時間は20時間あまり要した。

名古屋駅開業に合せインフラ整備も進み、広小路通の拡幅延長工事が笹島まで行われた。1889年(明治22年)、名古屋区が廃止され、名古屋市が誕生した。1898年(明治31年)、京都についで、日本で二番目の路面電車が営業を開始。 名古屋駅と県庁が路面電車で結ばれた。1891年(明治24年)、濃尾地震が発生。駅舎が倒壊し、翌年、新駅舎に建て替えられた。1900年(明治33年)、中央線の名古屋~多治見間が開通。 路線を千種駅まで延長するため、愛知県庁が南武平町に移転、新築された。1895年(明治28年)、関西本線の前身、私鉄の関西鉄道が名古屋駅に乗り入れ。名古屋駅は、複数路線が乗り入れるターミナル駅へ成長した。

明治末期から大正時代にかけて周辺町村との合併が進み、1921年(大正10年)、人口は60万を超え東京・大阪につぐ 全国三番目の大都市となった。大正時代に入ると乗客数は飛躍的にのび、大正時代中期には年間200万人に達し大正末期には400万を超えていた。列車の発着回数も大正時代末期には1日あたり100本を超え、名古屋駅発着の貨物も1900年(明治33年)の年間14万トンから大正末期には年間100万トンをこえた。旅客と貨物の併用は飽和状態に近づいて新駅建設の機運が盛り上がった。1934年(昭和9年)、名古屋の人口は100万人を突破。また、これを記念して1937年(昭和12年)、名古屋汎太平洋博覧会が開催されることになった。これにあわせて、インフラ整備が行われた。1937年(昭和12年)2月、現在地に名古屋駅が完成した。。また、駅と都心を結ぶ 桜通の建設も行われた。

名古屋鉄道は、名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併して設立された。合併後、名古屋駅の移転跡地を譲りうけ、現在の名鉄名古屋駅が完成。 旧名岐鉄道路線の電車が地下駅に乗り入れることになった。その後、旧愛知電気鉄道の路線も延長され連結された。

太平洋戦争の米軍による空襲で名古屋の大半が焼土と化した。しかし、名古屋駅は焼失を免れ、戦後急ピッチで復興が開始された。朝鮮戦争による特需は、日本経済の復興のはずみとなった。名古屋駅前の整備も、本格的に軌道にのり、ビルの建設も始まった。1957年(昭和32年)11月、地下鉄1号線、名古屋駅 - 栄町間が開通。名古屋城も再建も開始された。1957年(昭和32年)には、名鉄百貨店が全館完成。名古屋駅は中部地区の陸の玄関として再び始動を始めた。

名古屋駅が旅客専門の駅として移転されると、笹島駅が、貨物取扱専門駅として建設された。昭和時代初頭に開削された中川運河と接続し、名古屋港からの貨物の中継基地としての役目も担っていた。 現在は、業務を名古屋貨物ターミナル駅に移され、跡地はささしまライブとして再生している。

1987年(昭和62年)、国鉄民営化に伴い東海旅客鉄道株式会社(JR東海)が誕生した。JR東海も、名古屋に本社をおくことになり、また、旧名古屋駅の老朽化も進み、建替えが計画された。1999年(平成11年)、高さ200 mを超える2つのタワーから成る超高層ビルJRセントラルタワーズが完成。 その後も、名古屋駅周辺では、高層ビルの建設が相次いだ。

リニア中央新幹線が開業すると東京と名古屋が40分で、大阪まで約1時間で結ばれる。7000万人の圏域人口を結ぶこのプロジェクトは、スーパーメガリージョン呼ばれており、名古屋駅は、中核駅として、プロジェクトの成功に、大きく貢献する役割を、期待されている。名古屋駅周辺では、開業に向けて工事が進められている。

このページの先頭へ

掲載映像のダイジェスト

このページの先頭へ
]]>
Nagoya Castle Kinshachi (golden shachi)Story 2021-04-28T10:56:06+09:00 2021-04-28T16:30:32+09:00 http://network2010.org/article/2170

Nagoya Castle Kinshachi (golden shachi)Story

The Shachi is an imaginary animal with a fish body, a tiger head, multiple sharp thorns on its back, and a tail fin pointing skyward.Makara, which appears in Indian mythology and has the power to control water and prevent enemies, is said to be the origin of Shachi.It was installed for the first time in Japan on top of the castle tower of Azuchi Castle, built by Oda Nobunaga in 1576.On March 8, 2021, they were lowered by helicopter from the castle tower to the Aichi Prefectural Gymnasium's kitsukou square, where the male and female golden shachi were cleaned, including their large eyes.

This was the fourth time in total that golden shachi was dropped, and the third time after the Pacific War.After the collapse of the Edo Shogunate, it was decided to demolish Nagoya Castle, and in 1871, the Golden Shachis were taken down from the castle tower for the first time.The golden shachis were transported to Tokyo and exhibited at the Yushima Seido Exposition in 1872. In 1873, only the female Kin-shachi was exhibited at the World Exposition in Vienna.After that, the golden shachis were exhibited at various expositions and received favorable reviews.Later, thanks to the efforts of those involved, the demolition of Nagoya Castle was halted. The golden shachi was returned to the castle tower of Nagoya Castle.

In 1893, Nagoya Castle's main building was transferred from the Ministry of the Army to the Ministry of the Imperial Household, and was renamed Nagoya Imperial Villa.In 1930, the Nagoya Imperial Villa was given to the city of Nagoya by the Ministry of the Imperial Household. It was the first castle in Japan to be designated a national treasure, and opened to the public in 1931. On May 14, 1945, at the end of the Pacific War, the Golden Shachis were burned down along with Nagoya Castle by American bombs.For a while after the war, only the foundation of the keep remained, but the citizens of Nagoya wished for the rebuilding of Nagoya Castle, and in 1959, it was rebuilt in steel-framed reinforced concrete.The male and female golden shachi, the symbol of the castle, were made at the Osaka Mint.

For the first time since the end of World War II, the Golden Shachis were taken down from the castle tower on September 17, 1984.The Nagoya Castle Expo began on September 29th with a two-month duration to commemorate the 25th anniversary of the reconstruction of the castle tower.Expo 2005 Aichi Japan was held on March 25, 2005.To commemorate the event, a "New Century Nagoya Castle Expo" was held at Nagoya Castle, and once again the golden shachis were lowered from the castle tower.

The third exhibition will be held to encourage those suffering from COVID 19. From March 20 to April 2, 2021, the exhibition will be held at Nagoya Castle, and from April 10 to July 11, 2021, it will be held in a special pavilion built in Hisaya Odori Park, Mitsukoshi Mae Hirobus" in Sakae, Nagoya City.

Digest of the video

To the top of this page
]]>
名古屋城金鯱物語 2021-04-28T10:55:40+09:00 2021-04-28T16:19:32+09:00 http://network2010.org/article/2169

動画-名古屋城金鯱物語

鯱とはベースとなる身体は魚で頭は虎、背中には幾重もの鋭いとげがあり、尾ひれは空を向きそりかえっているという想像上の動物。織田信長が1576年(天正4年)に築いた安土城に、はじめてシャチホコが天守閣に据えられた。2021年3月8日(令和3年)、名古屋城の金鯱が、16年ぶりに地上へおろされた。愛知県体育館亀甲広場へ降ろされた雄・雌の金鯱は、大きな目にいたるまで、16年分の垢落としが行われ金鯱巡回展への準備が進められた。

金鯱が降ろされたのは都合4回、戦後としては3回目となる。江戸幕府が崩壊して、名古屋城取り壊しが決まり、明治4年(1871年)、金鯱が天守閣からおろされた。金鯱は東京に運ばれ、1872年(明治5年)に開催された湯島聖堂博覧会博覧会へ出品されたのち、1873年(明治6年)、雌の金鯱がウイーンの万国博覧会に出品された。その後も各地の博覧会へ出品され好評を得た。その後関係者の尽力もあって名古屋城の取り壊しは中止された。

1893年(明治26年)、本丸は陸軍省から宮内省に移管され、名古屋離宮と称される。 (1930年(昭和5年)、名古屋離宮は、宮内省から名古屋市に下賜。城郭としては、日本で初めての国宝の指定を受け、1931年(昭和6)に一般公開が始まった。太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)5月14日、アメリカ軍の爆撃で金鯱は、名古屋城とともに焼け落ちた。戦後しばらくは天守台のみであったが、名古屋城の再建を願う声は市民からも高まり、1959年(昭和34)、鉄骨鉄筋コンクリート造で再建された。城のシンボル金鯱は、大阪造幣局で作られた。

戦後はじめて、金鯱が天守閣からおろされたのは、1984年(昭和59年)9月17日。天守閣再建25周年を記念して、「金シャチとの出会い」をテーマにした名古屋城博開催(9月29日-11月25日)に向けてのこと。戦後2回目は、2005年3月25日、愛・地球博に合わせて開催された「新世紀・名古屋城博」(3月19日から6月19日)の時。今回が、再建天守完成後、3回目にあたる。

3月20日~4月2日の、名古屋城内の展示では、金鯱の由来や厄災に立ち向かい人との関わりがテーマ。 インド神話にも登場し、鯱のルーツである水を操り敵を防ぐ力を持つマカラが、ユーラシア大陸を経由して日本に伝わり、その後シャチに変化した様を、 パネル展示で紹介している。名古屋城に縁の深い地域を巡る「中津川・木曽特別巡回」を実施したのち2021年04月10日 ~ 2021年07月11日の会期で、名古屋市栄の久屋大通公園『ミツコシマエヒロバス』に作られた特設パビリオン内で、約150年ぶりの城外展示が開催される。

掲載映像のダイジェスト

このページの先頭へ
]]>
名古屋三の丸ルネッサンス 2021-03-02T13:09:40+09:00 2021-03-23T15:43:13+09:00 http://network2010.org/article/2115

【動画】名古屋三の丸ルネッサンス

INDEXへ
①名古屋市住宅都市局長に聞く
②名古屋三の丸ルネッサンス

服部 敦 中部大学教授インタビュー要約

名古屋三の丸ルネッサンス期成会を有志でつくり三の丸の再整備を推進して行こうという運動を展開しています。この会は、まちづくりに関心のある学識経験者や名古屋商工会議所、中部経済連合会をはじめとした方々の賛同を得て結成しています。三の丸の官庁の建て替えが数年前からうわさされており、この期になにもしないと名古屋の街づくりが50年、100年遅れてしまうという危機感があったので、4、5年前から勉強会を始めまして、そこに参加していただいた方がこの会の中心メンバーとなっています。勉強会を始めたころは、まったく火も煙も立っていなかったのですが、官庁施設の建て替えが段々と本格化してゆき、いよいよ待ったなしといった状況になるなかで、会として動きをはっきりさせただ勉強をしているだけでなく、国の官庁、愛知県、名古屋市など関係する機関に働きかけて実現に向けて動き出そうという目的でこの期成会を立上げました。

城郭のなかにある一団となった官庁街は全国にいくつかありますが、おそらくこの名古屋三の丸は東京の霞が関に次ぐ日本で二番目の規模を誇ります。愛知県庁と名古屋市役所があり、国土交通省、農林省、財務省、経済産業省など、ありとあらゆる官庁の施設が三の丸にあります。その建物もかなり老朽化し耐震性も下がっており建て替えの時期に入っています。しかし、建替え時期にただ官庁の施設として建て替えてしまえば、今までのように都心のにぎわいを失ったまま50年、100年経ってしまうので、この時期にしっかり考えて名古屋の街づくりに貢献するように官庁の建て替えを行うことが非常に重要なことだと考えています。官庁街としてのまとまりは失いたくないと思いますが、かといってすべて低層利用での建て替えということではもったいないので、あるていど集約していく、官庁施設を集約しながらそこに新しい機能を入れていくことが必要だと思います。

リニア新幹線が開通し国際都市になるなかで、情報発信とか文化交流という機能が必要になってきます。 隣接する名古屋城とか本丸御殿などのユニークな施設も利用したカンファレンス(会議)とかマイス(MICE)機能、これは最近ユニークベニューと言われ、歴史的な施設も活用しつつ、新しい施設を活用して文化交流をする、官庁街を集約しながら情報発信や交流機能をいれてゆくことも必要だと考えます。

三の丸には愛知県庁や名古屋市役所がありますが、昭和初期に建てられたユニークな建物で重要文化財に指定されています。現在は役所として使用されていますが、それをもっと良い形で使っていく、例えば迎賓的なホテルとか名古屋にはない国立の博物館とか美術館などに転用する形で使ってゆくことが望まれます。このような形で三の丸の再開発が進めば、都心のにぎわいがつながってゆくことになると思います。

関ケ原の戦い後、徳川家康が清州から名古屋台地北端に遷府しましたが、なぜここを選んだかといえば地盤が良かったからです。いまこの地域で南海トラフ地震が非常に心配されていますが、三の丸地区はかなり丈夫でしっかりしており防災拠点としても重要です。日常時はにぎわいの創出、災害時には広域的な防災拠点として機能を発揮する。その両面があることが三の丸地区のいいところです。

リニア開通により東京が近くなり、またコロナ禍により都市の密度を下げてゆく方向にこれからの街づくりがなってゆくなかで、名古屋にも業務機能を移転し、東京と名古屋をつないでゆくことが重要だと思います。そのためには名古屋の都心の魅力を高めて行くことが重要になってきます。名古屋駅前や栄地区で業務機能が上がってゆくわけですが、業務機能というのは、ただオフィスをつくれば良いわけではなく情報発信とか交流などの機能がすぐ傍にないと魅力がありません。ヨーロッパの都市を見れば 分かるように、パリとかロンドンとかすべて歴史性があって尊敬を集めて世界から人が集まっています。名古屋も日本のなかでは非常に歴史のある都市ではありますが、戦後の都市整備のなかで埋もれてしまった面があります。城下町の最初の出発点である三の丸で、歴史的な部分にもしっかり配慮した形で街づくりがおこなわれ、名古屋城を核として歴史的な文化の発信、交流が行われれば名古屋の都市としての価値が上がり、世界からも国内からもリスペクト集め人も集り、それによって業務機能の高まりも期待できると思います。

名古屋市はSRT構想(Smart Roadway Transit)で、都心を路面交通で回遊性を持って結んで行こうと考えています。名古屋駅と栄地区を直線で結んでしまっては回遊性は生まれないので、少しまわらなくてはならないことになります。そのまわって行く所のコアーの部分に名城地区が位置しています。名古屋城単体ではなく、名古屋の街全体を魅力的にして行くためには、三の丸地区を生かす必要があります。

今までの名古屋の街づくりは東西の軸、名古屋駅と栄を結ぶ軸が戦後発展してきました。しかし城下町の本当の軸であった名古屋城から金山を通って熱田に至る本町通という軸が、現代の街づくりのなかで少し忘れ去られて来ました。三の丸の街づくりを起点として南北を結んで行く街づくりが始まって行き、名古屋の都市としての広がりや魅力が生まれることを期待したいと思います。

このページの先頭へ
映像ダイジェスト
このページの先頭へ
]]>
リニア時代の名古屋のまちづくり 2021→2023 No.1 2021-01-18T14:55:12+09:00 2021-03-23T15:43:49+09:00 http://network2010.org/article/2113

【動画】リニア時代の名古屋のまちづくり 2021→2023 No 1

INDEXへ
①名古屋市住宅都市局長に聞く
②名古屋三の丸ルネッサンス

藤條聡名古屋市住宅都市局長インタビュー要約

名古屋市住宅都市局長に

国土交通省から2020年7月名古屋市住宅都市局長に着任しました。16年前に中部地方整備局に在籍しており、名古屋との関わり今回で2度目となります。中部地方整備局当時は、中部国際空港の開港、また愛・地球博に向けてのインフラ整備が積極的に行われた時期でした。また、埼玉県の川越市でも都市計画部長をしており、市役所のまちづくり行政に対しては十分な経験を積みましたので、その経験を名古屋のまちづくりに活かせるのではないかと思っています。

「スーパーターミナル・ナゴヤ」へ

名古屋は日本の真ん中に位置しており、リニア中央新幹線が開通すれば首都圏とは40分、近畿圏とは30分で結ばれます。こうなれば世界の方々が日本を訪れる時に、わざわざ羽田とか成田、そして関西国際空港を使わなくても中部国際空港を玄関口として日本を訪れるといった構図が出来上がってきます。リニアで関東にも近畿にも行くということで、まさに日本の中心となって行く、スーパーターミナル、ハブ化を進めていくことが、今、きわめて重要な時期にあるんではないかと思っています。

都心への誘引ー次世代の交通システムSRT

リニアで名古屋に来られた方を、いかに名古屋の中心地である栄、大須そして名古屋城がある名城地区に誘引することは、非常に重要なファクターです。次世代の交通システムSRT(Smart Roadway Transit)など、すぐに都心部に行けて、ゆっくり観光できるような交通手段をリニア開業を見据えて作っていくことが重要な課題だと考えています。

パリでの経験を活かし中心部の活性化を

2006年から2009年までフランス日本大使館に勤務して、パリのまちづくりを研究しておりました。面的に低層に広がっており、歩いていて楽しい街ですが、このような街を作るために、名古屋ではどういった方策が可能なのか、非常にチャレンジしがいのある課題です。パリにいたときに、エッフェル塔のすぐ近くに住んでいましたが、塔の足元に広大なグリーンインフラとも呼べるシャン・ド・マルス公園という芝生の公園が広がっています。2020年9月に久屋大通パークが開業しましたが、北エリアのシバフヒロバから名古屋テレビ塔を見た風景がパリのエッフェル塔にそっくりなんです。塔を見ながら 市民がゆっくり憩える、都心のオアシスのような拠点をしっかり活かしながら中心部の活性化をやってゆきたいと思っています。

リニア開業に向けての名古屋のまちづくり

2027年のリニア開業は少し遅れると言われていますが、名古屋開業から大阪開業までの期間、名古屋を最終目的地としない方々でも、一度は名古屋に足を踏み入れることになり、非常に多くの方が名古屋訪れることになります。このタイミングを好機ととらえて、しっかりと魅力的なまちづくりを進めてゆくことが、都市戦略上も重要なテーマだと思ってますので、例えば高品質ホテルや高機能のオフィスを都心部に誘致。大胆な規制緩和を進めることで東京、大阪と伍する、むしろそれを超えるまちづくりをして行くことが重要だと思っています。

このページの先頭へ
映像ダイジェスト
このページの先頭へ
]]>
YouTube動画視聴者 2020年1月~12月  2021-01-03T11:20:57+09:00 2021-01-04T12:52:58+09:00 http://network2010.org/article/2112
  • 2020年YouTube動画視聴者上位300コンテンツの詳細です。2020年前半は、NHKの大河ドラマ『麒麟がくる』の影響もあって、関連コンテンツの視聴が大幅に増えました。しかし、新型コロナにより、『麒麟がくる』の放送中断および各種催事の中止もあって、年後半の視聴者数が大幅に激減したのが、2020年の特徴となっています。

    Network2010おすすめコンテンツINDEXリスト

    クリックすると拡大画面になります。

    • 1~50

    • 51~100

    • 101~151

    • 151~200

    • 251~250

    • 251~300

    このページの先頭へ
    ]]>
    空から見た名古屋周辺リニア新幹線ルート 2020-12-14T17:46:33+09:00 2021-03-25T16:13:47+09:00 http://network2010.org/article/2111

    【動画】名古屋周辺リニア新幹線ルート

    INDEXへ
    ❶名古屋庄内川を下る
    ❷名古屋 2017
    ❸名古屋高速道路
    ❹桶狭間の戦い
    ❺小牧・長久手の戦い
    ❻飛騨高山
    ❼名古屋城
    ❽長良川上流から河口へ
    ❾関ヶ原の戦い
    ❿名古屋東部の歴史遺産
    ⓫名古屋周辺リニア新幹線ルート
    リニアルート
    このページの先頭へ
    ]]>
    空から見た名古屋 名古屋東部の歴史遺産 2020-11-16T17:43:04+09:00 2021-03-23T15:35:14+09:00 http://network2010.org/article/2110

    【動画】空から見た名古屋東部の歴史遺産

    INDEXへ
    ❶名古屋庄内川を下る
    ❷名古屋 2017
    ❸名古屋高速道路
    ❹桶狭間の戦い
    ❺小牧・長久手の戦い
    ❻飛騨高山
    ❼名古屋城
    ❽長良川上流から河口へ
    ❾関ヶ原の戦い
    ❿名古屋東部の歴史遺産
    ⓫名古屋周辺リニア新幹線ルート
    ❶日本語 Japanese
    ❷英語 English

    名古屋市の東部に位置する、東区、千種区には、寺院、博物館、美術館、古城跡といった歴史遺産が点在している。この動画は、ドローンによる撮影を加味して紹介している。

    名古屋市市政資料館

    1881年(明治14年)、名古屋控訴裁判所が名古屋城の外堀通と本町通の交わる西角に開所した。その後、名古屋市の発展に伴って1922年(大正11年)、分散していた名古屋控訴院、名古屋地方裁判所、名古屋区裁判所を1つの合同庁舎にまとめるため旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所が建設された。1979年の裁判所移転に伴い取り壊しが検討されたが、保存を望む声に応えて、取り壊は中止され名古屋市市政資料館として利用されている。1984年(昭和59年)、国の重要文化財に指定されている。

    ----文化のみち----

    名古屋城から徳川園にかけての一帯は、歴史的遺産の宝庫として「文化のみち」と呼ばれている。 近代産業の担い手となる起業家、宗教家、ジャーナリストなど多彩な人が去来し、交流する舞台となった。撞木館は、陶磁器商として活躍した井元為三郎が、大正末期から昭和初期に建てた邸宅。旧豊田佐助邸は、日本の発明王・豊田佐吉の弟、佐助の住居で木造の洋館・和館を併設したスタイルの邸宅。

    文化のみち二葉館

    日本の女優第一号として名をはせた川上貞奴と電力王と言われた福沢桃介が共に暮らした家。創建当時は、東二葉町にあったが、2005年(平成17年)、5年の歳月をかけ現在地に移転され文化のみち二葉館としてよみがえった。1階には旧大広間、旧食堂などが展示室として使われ、川上貞奴や福沢桃介の生活、生涯を映像や資料で紹介している。2階では、郷土ゆかりの文学者および文芸作品を紹介している。

    建中寺

    1651年(慶安4年)、第2代尾張藩主徳川光友が、父義直の菩提を弔うため建立した浄土宗の寺院。尾張徳川家代々の菩提寺となっている。現在は建中寺公園の南側には総門、また、境内には山門、本堂、開山堂、明王殿、経蔵、鐘楼、書院、旧名古屋商工会議所を移転した徳興殿、第2代尾張藩主徳川光友の墓、源正公廟、第3代藩主徳川綱誠の廟と御霊屋などがある。

    徳川園と徳川美術館

    徳川園は、尾張藩第二代藩主光友公の隠居所として造営された。光友公の没後 家老の成瀬、石河、渡邊三家に譲られた。1889年(明治22年)に尾張徳川家の手に戻り邸宅となった。1931年(昭和6年)、名古屋市は第十九代当主義親氏から邸宅と庭園の寄付を受けて、「徳川園」と名づけて一般公開した。しかし第二次世界大戦の大空襲でほとんどが焼失してしまった。2005年の愛知万博開催もあって、2001年(平成13年)、徳川園の再整備が始まった。2004年、江戸時代の主だった大名庭園様式である「池泉回遊式」 の日本庭園として開園した。徳川美術館は、徳川家康の遺品を中心に、初代義直(家康九男)以下代々の遺愛品、いわゆる「大名道具」1万件余りを収める美術館。国宝「源氏物語絵巻」をはじめ、国宝9件、重要文化財59件などを展示している。

    覚王山日泰寺

    名古屋城下町の東に広がる丘陵地帯は、東山と呼ばれ、江戸時代には行楽地として知られていた。1898年(明治31年)、インド北部のピプラーワーでお釈迦様の遺骨の一部、御真骨が発見された。これによりお釈迦様のの実在が立証されることになり、19世紀東洋史上の一大発見となった。御真骨は、仏教国であったタイ国(当時シャム)のチュラロンコン国王へイギリスから寄贈された。1900年(明治33年)、「御真骨」の一部が、シャム国の国宝「金銅釈迦如来像」とともに日本へ贈られ、1904年(明治37年)、御真骨お祀りする寺院として10万坪の敷地に日暹寺(現在の覚王山日泰寺)が創建された。いずれの宗派にも属さない日本で唯一の寺院である。毎月21日には、弘法大師の縁日が開かれる。

    揚輝荘

    揚輝荘は、株式会社松坂屋の初代社長で伊藤家15代伊藤次郎左衛門祐民が、約1万坪の森を切り開き、覚王山の丘陵地に別荘として建設された。揚輝荘は、個人の別荘にとどまらず、皇族、政治家、実業家、文化人などの各界の名士が訪れる豪華な迎賓館、社交場としての役割も果たしていた。現在、敷地の多くが開発されて庭園も南北に分断されてしまったが、数棟の貴重な建物と庭園が残されている。南庭には、聴松閣、揚輝荘座敷。北庭には、三賞亭、伴華楼、白雲橋、豊彦稲荷などがある。

    鍋屋上野浄水場

    鍋屋上野浄水場は、名古屋市初の浄水場として1914年に竣工し、給水を開始した。犬山取水場から取水した木曽川の水が鍋屋上野浄水場に送られ、浄水されたのち、第一ポンプ所から東山配水池に送られた。操業当初は緩速ろ過方式で給水を開始した。浄水場に届いた水は、ろ過地周辺にめぐらせた水路を流れ、緩速ろ過池に流入する。緩速ろ過方式とは、小石や砂を充填した層をゆっくり通過させ、表面に発生する生物の力を利用して濁りなどを取り除く。ろ過速度が緩やかなので緩速ろ過方式と呼ばれている。薬品などを必要としないが、広大な面積を必要とする。昭和時代が始まると人口は100万人にせまり、加えて重工業の発展もあり、水の需要が高まった。1930年、東山配水池に東山配水塔が完成した。鍋屋上野浄水場から送られた水を塔上の貯水槽までポンプで一旦押し上げ、自然流下で現在の千種区覚王山から丸山町あたりの高台に配水した。東山配水塔は1973年に配水施設としての役割を終えたが、1979年、災害時のための応急給水施設、東山給水塔として再び利用されることになった。

    末森城跡

    末森城は織田信長の父、織田信秀により築城された。1511年、織田信秀は、尾張守護代「織田大和守」配下に清州三奉行の一人、織田信定の長男として勝幡城で生まれた。織田信秀は家督を継ぐと、港町で繁栄する津島の財力で、清州の「織田大和守」を凌ぐ勢力に成長した。信秀は名古屋周辺に勢力を広げるため今川氏豊の居城、那古野城を奪い勝幡城からここに本拠を移した。1539年、今度は熱田地域を手中にするため、古渡城を築城。那古野城は織田信長に譲られた。1548年、今川軍への防備のため、末森城を築城して本拠とする。晩年になった信秀は、末森城で正妻、土田御前、信長の弟織田信行と過ごした。信秀が没すると、織田信行が末森城と当主となった。信行は跡目相続をめぐって清州にいる織田信長と争った。1556年、信行は柴田勝家らとともに稲生(名古屋市西区)で戦うも信長に敗北する。一度は母、土田御前の歎願で命は救われたが、再び対立。1157年、彼は清州城内で殺された。この城は現在、城山八幡宮の敷地になっている。

    このページの先頭へ
    名古屋市市政資料館
    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    • 名古屋市市政資料館

    このページの先頭へ
    文化のみち二葉館
    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    • 文化のみち二葉館

    このページの先頭へ
    建中寺
    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    • 建中寺

    このページの先頭へ
    徳川園・徳川美術館
    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    • 徳川園・徳川美術館

    このページの先頭へ
    覚王山日泰寺
    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    • 覚王山日泰寺

    このページの先頭へ
    揚輝荘
    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    • 揚輝荘

    このページの先頭へ
    鍋屋上野浄水場
    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    • 鍋屋上野浄水場

    このページの先頭へ
    末森城と城山八幡宮
    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    • 末森城と城山八幡宮

    このページの先頭へ
    ]]>