Network2010.org - 名古屋100km圏内の情報発信ネットワーク http://network2010.org/ 2022-05-26T15:30:39+09:00 リニア時代の名古屋のまちづくり 2021-2023 No.5 2022-05-26T14:10:41+09:00 2022-05-26T15:30:39+09:00 http://network2010.org/article/2184

【動画】ウオーカブルなまちづくり

INDEXへ
①名古屋市住宅都市局長に聞く
②名古屋三の丸ルネッサンス
③Hisaya odori Park 開業1周年
④名古屋港金城ふ頭再整備
⑤ウオーカブルなまちづくり
インタビュー要約

名古屋駅周辺のまちづくりは、名古屋市が今強力に進めており、今年度(平成4年度)、事業化が本格的に進みます。国家プロジェクトとして、国交省から国際競争都市整備事業に採択されましたので、国際都市名古屋にふさわしい玄関口としての駅前広場整備に入っていくタイミングになります。名古屋市では駅前だけではなく、容積率を緩和しながらハイグレードホテルや高品質のオフィス、低層店舗、にぎわいを誘導するような制度をつくりました。まずは再開発を契機に歩いて楽しい街中を作ってゆくのがベースとしてありますが、私は新しく就任して力を入れているのが既存の街並みを生かした、ウオーカブルな沿道界隈を作って行くという政策です。

名古屋の都心核といえば名古屋駅と栄になりますが、名駅と栄は何もしなくても、民間だけでもかなりの需要があります。しかし名駅と栄の間を見てみますと非常に魅力的な界隈がありながら、例えば従来がら力を入れている四間道、那古野地区など民間の力でかなりリノベーションが進んで来ていますが、きちっと公的セクターがしっかり下支えしながらエリア区切って集中的にリノベーションしてゆく。これによってウオーカブルな空間を作ってゆく仕組みつくりに力を入れています。

都市の魅力はウオーカブルにもつながりますが、水と緑をしっかり大事にしてゆくことが都市のポテンシャルという意味では、非常に大事だと思っています。私がいま力を入れているのが中川運河の再生を加速化することです。中川運河の堀留周辺をにぎわいと水辺のターミナルとして再生することに取り組んでいます。また、中川運河の沿岸が倉庫利用が中心になっています。諸外国では運河を活かしたまちづくりが 沢山おこなわれています。中川運河はそのポテンシャルがありますので、倉庫利用からにぎわいの利用へ変えてゆく。プロムナードを整備することで中川運河に皆さんがアクセスしやすく歩けるような空間づくりも現在行っています。

ポストリニアとして新しい拠点を作ってゆくことが大変重要だと思っています。一つの拠点は、三の丸地区だと考えています。三の丸エリアは、地権者が国、県、名古屋市の三者だけの公有地となっています。この公有地を活用して、いかに賑わいと潤いのある魅力的なエリアを作っていくのかは、ポストリニアの課題として重要だと思っています。官庁街の庁舎も随分老朽化していますので、これを契機に建替時期に新しい賑わいの機能、潤いの機能をどのように加味することが、新しい拠点づくりには必要であると思います。

国際都市として様々な海外の方々が、名古屋を起点に東京、大阪また全国に向かうことになるので、そういった観点での駅前づくりや名古屋のまちづくりを進めてゆくことが、日本の魅力にとっても大変大事です。我々はスーパーメガリジョンの中心と言ってますが、これはあながち間違いではありません。名古屋駅と品川駅が開業し、大阪に延伸されるまでの間は名古屋が終着点になります。これまで名古屋を訪れてなかった方や京都に行く方で名古屋にワンストップする方も必ず出てきます。こういった方が名古屋は凄いということになり、それが圏域の魅力につながることで、これであれば名古屋のオフィスを構えて東京、大阪はサテライトで良いといった圏域づくりが、名古屋が最終的にめざすべき所ではないかと考えています。

映像の一部
このページの先頭へ
]]>
Nagoya Castle Area Walking Map 2022-04-26T15:22:14+09:00 2022-04-26T16:46:38+09:00 http://network2010.org/article/2183

【Video】Nagoya Castle Area Walking Map

Nagoya Walking Map INDEXへ
①Tour of Nagoya Castle Town
②Sakae Walking Map
③Nagoya Station Area Walking Map
④Nagoya Castle Area Walking Map

In 1600, the Battle of Sekigahara took place and the eastern army led by Tokugawa Ieyasu won.Ieyasu's fourth son, Matsudaira Tadayoshi participated in this battle, fought hard, and took credit for it. Ieyasu recognized his merits and gave him 520,000 goku in Owari andMino provinces and appointed him lord of Kiyosu Castle. However, he passed away at the young age of 28, partly due to injuries sustained in the Battle of Sekigahara. Ieyasu appointed as his successor Tokugawa Yoshinao, Ieyasu's ninth son and lord of the Kofu domain, who was still a child.

In 1603, Ieyasu became Seii taishogun, commander-in-chief of the expeditionary force against the barbarians and established the Edo shogunate. He was preparing for a decisive battle against the Toyotomi family based at Osaka Castle, and proceeded with plans to relocate from Kiyosu, a low marshy area and vulnerable to defense, as a full-line base of defense. The site chosen was the northern edge of the Nagoya plateau, where the former Nagoya Castle, the residence of the Oda family, once stood.The west and north sides of the Nagoya plateau were cliffs, and the marshy lands below the cliffs were suitable for defense. Daimyo lords from the western and northern provinces were mobilized to begin construction of the castle in 1610. The Honmaru, where the large and small castle towers and the Honmaru palace are located, was in the center, with the Nishi-no-maru to the southwest, the Ofuke-maru to the northwest, and the Ni-no-maru to the southeast. Further to the southeast, there was the vast San-no-maru area, where the residences of important vassals, temples, and shrines were located. At the same time, the castle town was relocated from Kiyosu, known as "Kiyosu-goshi".

In 1615, the Toyotomi family was destroyed in the Osaka Winter and Summer Campaigns. Nagoya Castle changed its role from a military base to the administrative center of the Owari clan. The Honmaru palace was later used exclusively for the Shogun's visits to Kyoto, and the Ninomaru palace, which served both as the residence of the feudal lord and as the domain office, was newly constructed.

  • Kiyosu Castle Replica
  • Kiyosu Castle Simulated castle tower
  • Northwest of Nagoya Castle
  • Scenery from the north end
  • Nagoya Castle Replica
  • Nagoya Castle Replica

In 1873, the Nagoya Garrison (reorganized as the 3rd Division in 1888) was established in Nagoya Castle. The Ni-no-maru palace and the residences of the chief vassals in San-no-maru area were demolished, and army barracks and other structures were constructed.The Honmaru palace was used as the Garrison headquarters until 1887. Thereafter, there were calls for its preservation both at home and abroad, and in 1879 it was decided to preserve the castle tower, palace, turrets, and other structures.

The cost of preserving and maintaining Nagoya Castle was enormous, and the Ministry of the Army was troubled by the expense for nonmilitary purposes. Because of these circumstances, it was decided in 1891 that Nagoya Castle would be transferred from the Ministry of the Army to the Ministry of the Imperial Household.However, in 1891, the Nobi Earthquake occurred and Nagoya Castle was severely damaged.The transfer to the Ministry of the Imperial Household was postponed due to the need for restoration work, and in 1893, it was placed under the jurisdiction of the Ministry of the Imperial Household and used as the Nagoya Imperial Villa.

In 1929, the National Treasure Preservation Law was enacted and the Nagoya Imperial Villa was designated as a National Treasure. In 1930, the land and buildings of the Nagoya Imperial Villa were given to Nagoya City by tthe Ministry of the Imperial Household, and Nagoya Castle was designated a national treasure.

On May 14, 1945, at the end of the Pacific War, Nagoya was hit by an air raid. The main keep, the small keep, the Honmaru palace, the northeast corner turret, the main gate, and the golden dolphins were destroyed by incendiary bombs. Fortunately, the Honmaru palace barrier paintings were removed and stored in a warehouse, thus escaping destruction by fire. The Honmaru Goten barrier paintings are now designated as Important Cultural Properties under the Law for Protection of Cultural Properties (enacted in 1950).

  • Castle tower
  • Nagoya Castle around 1877
  • Nagoya Garrison
  • Nagoya Castle in 1920s
  • Nagoya Castle Digital Coloring
  • before being destroyed by fire
  • Nagoya Castle burned down
  • Second half of the 1950s

Nagoya Castle was reborn as an urban park as part of the postwar reconstruction plan.In 1959, Nagoya Castle's keep was rebuilt with a steel-reinforced concrete structure.The restoration of the Honmaru palace began in January 2009 and was completed in 2018.It has been open to the public since June of the same year.

  • Reconstruction of Castle tower
  • Nagoya Castle around 2008
  • Honmaru palace Cornerstone
  • Restoration of palace Goten begins
  • Memorial ceremony
  • Honmaru palace restoration work
  • Honmaru palace restoration work
  • Completed in 2018
  • Monument to the Imperial Gift
  • Main gate
  • The Victorious Kaya Tree
  • Nishi-no-maru Okura Museum
  • Southwest corner watchtower
  • Omote second front gate
  • The site of Omote first front gate
  • Honmaru palace
  • The site of higashi-ichi-no-mon
  • Kiyomasa Stone
  • Honmaru Higashi-ni-no-mon gate
  • Panoramic view of Honmaru
  • Southeast corner watchtower
  • Ni-no-maru Garden
To the head of this page
]]>
名古屋ウオーキングMap No.4 名古屋城 2022-04-25T13:43:51+09:00 2022-04-25T18:33:37+09:00 http://network2010.org/article/2182

【動画】名古屋城ウオーキングMap

名古屋ウオーキングMap INDEXへ
①江戸時代の名古屋城下を探索
②ウオーカブルタウン栄
③名古屋駅ウオーキングMap
④名古屋城ウオーキングMap

1600年、関ケ原の戦いが起こり徳川家康率いる東軍が勝利した。家康の四男松平忠吉は関ケ原の戦いに参戦、奮戦し手柄を立て、家康はその論功を認め、忠吉に尾張国および美濃国に52万石を与え、清州城主に任命した。しかし忠吉は関ケ原の戦いでの負傷もあって若干28歳の若さで逝去。家康は、松平忠吉の後継としてまだ幼少であった家康の九男で甲府藩主の徳川義直(幼名は五郎太丸)を清州城主に任命した。

  • 関ケ原古戦場
  • 関ケ原古戦場
  • 関ケ原古戦場
  • 関ケ原古戦場

1603年、家康は征夷大将軍となり江戸幕府を開いた。家康は大坂城を拠点とした豊臣家との決戦を控え、防衛の全線基地として低湿地で防備に弱い清州からの移転を計画を進めた。選ばれたのは、かっての織田家の居城那古野城があった名古屋台地北端。名古屋台地の西と北は崖となっており、崖下には湿地がひろがっており防備には適した立地であった。西国や北国の諸大名が動員され1610年、築城が開始された。大小の天守閣と本丸御殿が建つ本丸を中心に、南西に西之丸、北西に御深井丸、南東に二之丸を配置。さらにその南東を広大な三之丸が囲む縄張りである。あわせて、「清州越し」と呼ばれる城下町の移転も行われた。

1615年、大阪冬の陣・夏の陣で豊臣家が滅亡。名古屋城は軍事基地としての役割から尾張藩の行政の拠点へと性格を変えていった。本丸御殿はその後、将軍上洛専用の御殿となり、新たに藩主の住居と藩庁機能を兼ねた二之丸御殿が建設された。

  • 清州城下レプリカ
  • 清州城模擬天守
  • 名古屋城(名古屋台地)北西面
  • 名古屋城北端からの風景
  • 名古屋城レプリカ
  • 名古屋城レプリカ

1867年10月の大政奉還で徳川幕府が朝廷に政権を返還。1868年明治政府が誕生した。名古屋城は陸軍省の所管となり、政府は城郭処分の検討が行われた。名古屋城も一旦は取り壊しが検討され金鯱が天守からおろされて、全国の博覧会やウイーン万国博覧会に出品され好評を博した。

1873年、名古屋城内に名古屋鎮台(1888年、第三師団に改編)が置かれることになり、これに合わせて二之丸御殿や三之丸にあった重臣の屋敷などが取り壊され陸軍の兵舎などが建設された。本丸御殿は鎮台本部として1887年まで使用された。その後、内外の保存要請の声もあり1879年、天守閣、御殿、櫓等保存が決定した。

名古屋城の保存維持に関する経費は膨大で、陸軍省は軍用目的以外の支出に頭を悩ませた。そこで、宮内省への移転が検討され1891年、宮内省へ移管される事が決定した。しかし、1891年濃尾地震が発生、名古屋城も被害を受け、復旧工事が必要となった。このため宮内省へ移管は延期され、1893年、宮内省の所管となり名古屋離宮として活用されることになった。

1929年に国宝保存法が制定され、名古屋離宮がその対象とされた。1930年、名古屋離宮の土地建物は宮内省から名古屋市へ下賜され、名古屋城の大天守、小天守、西南・東南・東北・西北隅櫓、表一之門、表二之門、東一之門、東二之門、不明門、正門、御殿は国宝に指定された。翌年に、名古屋市は一般公開を開始した。名古屋城の正門前の広場に「恩賜元離宮名古屋城」と刻まれた石碑が建っている。また、本丸御殿障壁画も1942年に国宝に指定された。

太平洋戦争末期の1945年5月14日、名古屋大空襲によって大天守、小天守、本丸御殿、東北隅櫓、正門、金鯱などが焼夷弾の直撃を受けて焼失した。本丸御殿障壁画は取り外されて倉庫に保管されており焼失を免れた。戦後の 1950年に制定された文化財保護法により、重要文化財に指定されている。

  • 金鯱が降ろされた天守閣
  • 明治10年頃の名古屋城
  • 名古屋鎮台
  • 名古屋離宮時代
  • 名古屋城デジタル着色
  • 天守閣と本丸御殿
  • 名古屋城焼失
  • 天守閣台座と本丸御殿礎石

戦災の被害を受けた名古屋城一帯は、戦後の復興計画の一環として都市公園として活用された。1959年、名古屋城の天守閣が鉄骨鉄筋コンクリート構造で再建された。また、2009年1月から本丸御殿の復元工事が開始され、2018年に完成し同年6月より一般公開されている。

  • 天守閣再建へ
  • 2008年頃
  • 本丸御殿礎石
  • 本丸御殿復元着工
  • 上棟記念式典
  • 本丸御殿復元工事
  • 素屋根撤去
  • 完成2018年
  • 恩賜記念碑
  • 正門
  • 天然記念物「榧(かや)の木」
  • 西の丸御蔵城宝館
  • 西南隅櫓
  • 本丸表二之門
  • 本丸表一之門跡
  • 本丸御殿玄関車寄
  • 本丸東一之門跡
  • 名古屋城清正石
  • 本丸東二之門
  • 本丸全景
  • 東南隅櫓
  • 二之丸跡と二之丸庭園
このページの先頭へ
]]>
Nagoya Station Area Walking Map 2022-03-07T16:22:14+09:00 2022-04-26T16:50:40+09:00 http://network2010.org/article/2181

Nagoya Station Area Walking Map

Nagoya Walking Map INDEXへ
①Tour of Nagoya Castle Town
②Sakae Walking Map
③Nagoya Station Area Walking Map
④Nagoya Castle Area Walking Map

The area around Nagoya Station is being developed in preparation for the opening of the Linear Chuo Shinkansen Line.This video is presented from a pedestrian perspective using a stapilizer and drone.The spots to be introduced are the East and West exits of Nagoya Station, Sasashima Live, Sasajima, and the Sky Promenade at Midland Square.

The east side of Nagoya Station is lined with skyscrapers such as JR Central Towers and Midland Square.In addition, the Linear Chuo Shinkansen Nagoya Station is under construction on the west side of Nagoya Station.Sasashima Live is a redevelopment of approximately 12.4 hectares on the site of the former Sasajima Freight Station of Japan National Railways, and is a complex town including a hotel, commercial facilities, a university, and a broadcasting station.Sasashima is the birthplace of Nagoya Station, where the Tokaido Line Nagoya Station was built in 1886.Later, as the population of Nagoya City grew, it was moved to its current location in 1937.At the end of December 1999, JR Central Towers, attached to Nagoya Station, opened and became a pioneer in the construction of skyscrapers in the years to come.You can enjoy a panoramic view of central Nagoya from the Sky Promenade, an outdoor observation facility at Midland Square.

名古屋駅ウオーキングMap
To the head of this page
]]>
名古屋ウオーキングMap No3名古屋駅周辺 2022-03-07T16:21:45+09:00 2022-04-25T18:37:12+09:00 http://network2010.org/article/2180

【動画】名古屋駅ウオーキングMap

名古屋ウオーキングMap INDEXへ
①江戸時代の名古屋城下を探索
②ウオーカブルタウン栄
③名古屋駅ウオーキングMap
④名古屋城ウオーキングMap

  

リニア中央新幹線開通に向けて開発の進む名古屋駅周辺を、スタピライザーとドローンを使用して歩行者目線で紹介します。ルートは泥江町(ひじえちょう)を起点に桜通を西に名古屋駅東口に進み、名古屋駅東側を紹介、地下街を通って名古屋駅の西側太閤口に出て、町並みや現在進行中のリニア中央新幹線名古屋駅工事などを紹介しています。

あおなみ線は名古屋駅を起点に金城ふ頭に至る鉄道。あおなみ線で「ささしまライブ」に進みます。ささしまライブは旧国鉄笹島貨物駅跡地の約12.4ヘクタールを再開発した、ホテル、商業施設、大学、放送局などを含む複合タウンです。ささしまライブを後に、名駅通を北上し笹島に進みます。笹島は名古屋駅発祥に地。明治19年(1886)、沼地と田んぼであった笹島に名古屋駅が開業しました。その後、名古屋市の人口増大とともに、貨客分離が求められ、昭和12年(1937)、現在地に移転されました。1999年12月末には名古屋駅に併設されたJRセントラルタワーズが開業、以後の超高層ビル建設の先駆けとなった。中部地方で最も高いビル(247m)ミッドランドスクエアの屋外型展望施設「スカイプロムナード」からは名古屋中心部が一望できます。

名古屋駅ウオーキングMap
このページの先頭へ
]]>
金城ふ頭地区の再生整備計画 2022-02-04T11:50:21+09:00 2022-05-26T15:28:22+09:00 http://network2010.org/article/2179

【動画】名古屋港金城ふ頭再生整備

INDEXへ
①名古屋市住宅都市局長に聞く
②名古屋三の丸ルネッサンス
③Hisaya odori Park 開業1周年
④名古屋港金城ふ頭再整備
⑤ウオーカブルなまちづくり
金城ふ頭開設までの歩み

関ケ原の戦いに勝利した徳川家康は、来るべき豊臣家との決戦に備え尾張藩の首府を低湿地で水攻めに弱い清州から、当方の名古屋台地に移転することを決意した。名古屋台地の北側には湿地が広がり、名古屋城は台地の北端に建設された。一方、南端にあたる熱田の沖には遠浅の海が広がっており、防御に適した地形を持っていた。そのため沖合に停泊する大型帆船から小舟によって物資が名古屋城下運ばれた。明治中盤になって、名古屋の人口も増加し、大型船の入港できる港の建設が叫ばれた。明治31年(1898)、開港に向けて熱田沖合の浚渫工事が開始され、明治40年(1907)に名古屋港が現在のガーデンふ頭に開港された。その後、沖合に次々とふ頭が建設され昭和38年(1963)には 金城ふ頭の埋め立て工事が開始された。

名古屋市住宅都市局金城ふ頭担当 木下部長インタビュー概略

名古屋港は完成以来、地域の産業港として発展してきました。金城ふ頭は昭和38年(1963)から埋立が開始され、物流港としての役割を果たしてきましたが、最近では完成自動車の輸出の一大拠点となっています。名古屋港は貨物取扱量でトップを誇っていますが、金城ふ頭は名古屋港を代表するふ頭として活躍しています。

2005年に愛知万博が開催され、愛知のものづくりが注目を浴びました。そうしたなかでモノづくり文化交流拠点構想が生まれました。これは、金城ふ頭の中にモノづくり文化交流エリアを設け、産業技術を見せるための拠点をつくろうという構想です。その中の第1号がリニア鉄道館で、名古屋市が誘致して、JR東海さんのご協力で開設されました。その後、レゴランド、あわせて商業施設メイカーズピアのオープンに至っています。

金城ふ頭の利点は、あおなみ線や伊勢湾岸道など、鉄道や自動車のアクセスに恵まれていることです。 レゴランド進出の大きな要素になったと聞いております。また現在、国際展示場の移転のための工事が進行中です。新第一展示場とコンベンション施設が、令和4年の10月にオープンしますが、それを連結する歩行者デッキもあわせて建設しています。

次の段階として、国際展示場の新たな機能強化が課題になってきますが、それについての検討も始まっています。またレゴランドを拡張整備する計画も、まだ目に見えた形にはなっていませんが着実に進行しています。またメイカーズピアの近辺に例えばホテル開発や商業開発などを民間主体で行っていただく検討も進めています。

このページの先頭へ
リニア・鉄道館 天野館長インタビュー概略

鉄道の黎明期から現在までを語る、鉄道博物館いうのは大宮と京都にそれぞれJR東日本、西日本が運営する博物館がありますが、リニア鉄道館は高速鉄道の進化をテーマに東海道新幹線を中心に在来線から超電導リニアの車輛まで含めて39輌の鉄道車両と国鉄バス第一号のバス一台を展示しています。

国内外の博物館を見てみると、柵のなかに展示してあるものが多いんですが、当館においては、車体に直接触れていただくことができるような状態で展示しています。多くの方に触れあっていただかる、そして普段ホーム目線でしか鉄道車両をご覧いただけないんですが、地面から直接鉄道車両をご覧いただくと、かなり大きく見えますし、在来線から新幹線、そして超電導リニアと鉄道車両が進化していく過程を一堂にご覧いただけることで、温故知新ではありませんが、古いものを見て将来の新しいものへ夢がつながればいいなと、そんな思いで展示しています。博物館というと固いイメージがありますが、最近では娯楽性も少し踏まえた形で、新幹線の運転台がある シュミレータや車掌業務も体験できるシュミレータもございます。

このページの先頭へ
レゴランド・ジャパン 本多社長インタビュー概略

レゴランドは世界でも歴史の長いテーマパークで、レゴランドの本社のあるデンマークのビルンで誕生しました。ここレゴランド・ジャパン・リゾートが、世界で8番目のリゾートになります。今後も2022年5月5日にオープンする韓国や、中国でも現在上海でもオープンをめざして工事が進んでいます。

名古屋に進出した理由については、三世帯でお住まいの家族が多いことと全国からのアクセスがいいということがあげられます。私は、昨年(2021年11月)着任したばかりですが、もし5年前のオープン当時にさかのぼって立地を選ぶとしても、おそらく名古屋を選んだと思います。リゾートで働いていただいている人という所に非常に重みを感じています。お子さまに遊びの場を提供して、遊びを通じて社交性、芸術性、創造性などいろいろなものを学んでいただくレジャー施設ですが、それの要になるのはスタッフだと考えています。レゴランドパークとホテルで働くスタッフを「レゴレナ」、シーライフで働くスタッフを「レンジャー」と呼んでいますが、ある程度のスキルがないと務まりません。接客好きだったり、お子様への接し方だったり、スキルの高い人が愛知、名古屋には多いと思っています。その点においても名古屋というのは、正しい選択であったと考えています。

コアーターゲットは、2歳から12歳のお子様です。そのなかで、特に私がおすすめしたいのは、水とアスレチックとレゴと迷路を融合させた新・ウォーター・メイズです。昨年(2021年)、大人気だったので、そのキャパを大きさも含めて2.5倍に拡張します。幅広い年代に楽しんでいただけるアトラクションとしては、レインボー・デザイン・スタジオというワークショップのエリアがありますが、このキャパも2.5倍に 拡張し、より多くの方々にレゴランドならではのユニークな体験をしていただけると期待しています。

レゴランドの拡張計画については、私の大きな仕事の一つととらえています。ただ非常にスケールの大きな話で、さまざまな関係者の方と順を追って話を進めている所なので、いつ何をといった具体的なことは 申しあげられませんが、今後なにかしらアップデートしてゆくつもりなので、お楽しみにお待ちください。

このページの先頭へ
名古屋市観光文化交流局 坂本部長インタビュー概略

これからどんどん大規模化する展示会に対応してゆけるような、新しい展示館を作ろうということで新第一展示館の整備を進めています。無柱空間、柱のない空間で2万平米を持つ展示館ですので全国でも最大規模になると思います。これまでいくつかの会場で分散して行われていたものが、2万平米程度のものであれば一つの会場で開催できます。また大規模な学会等についても、コンベンション施設を同時に整備しますので、コンベンション施設や第三展示館を併用することで対応できるようになります。新第一展示館は、せり出し型の座席も確保しますので、これまで対応できなかった1万5千人規模のコンサートにも対応できる会場になります。また新第一展示館とコンベンション施設を結ぶデッキとコンベンション施設とから既存の国際展示場にいたるデッキができますので、2階部分の移動が便利になり、金城ふ頭のいろいろな施設の周遊性が改善されることになります。

現在、第一突堤と第二突堤の間を埋め立てており、そこにモータープールの機能を全部移動します。完成すると、今モータープールに使用していたスペースを交流機能に転用ができますし、またそれに併せて岸壁もフェリーやクルーズ船などの旅客を接岸するため整備を行いし、あおなみ線の金城ふ頭駅と一体的に機能するような交流の玄関をめざしています。

このページの先頭へ
]]>
Walkable Town Sakae in Nagoya 2022-01-29T16:38:19+09:00 2022-04-26T16:51:02+09:00 http://network2010.org/article/2178

【Video】Walkable Town Sakae in Nagoya 

Nagoya Walking Map INDEXへ
①Tour of Nagoya Castle Town
②Sakae Walking Map
③Nagoya Station Area Walking Map
④Nagoya Castle Area Walking Map

The Sakae area around the Sakae intersection is known as Nagoya's largest shopping district.In recent years, the development of the area around Nagoya Station in preparation for the opening of the linear Shinkansen line has reduced the relative presence of the Sakae district.With the aim of revitalizing the Sakae area, a redevelopment project of Hisaya Odori Park using Park-PFI was launched in early 2019, and the construction work on the north side of the park was completed in September 2020. At the same time, the Nagoya TV Tower (now Chubu Electric Power Company's MIRAI TOWER) underwent seismic isolation work and renovation.

Walkable Town Sakae in Nagoya
  • Nagoya Sakae Area Area Map

  • Around Sakae Subway Station

  • Sakae intersection

  • Sakae intersection

  • SakaeChika Crystal Square

  • SakaeChika Crystal Square

  • SakaeChika

  • Sakae Mori-no-Chikagai

  • Sakae Mori-no-Chikagai

  • Sakae Mori-no-Chikagai

  • Oasis 21

  • オOasis 21

  • Oasis 21

  • Oasis 21

  • Oasis 21 Spaceship-Aqua

  • Oasis 21 Spaceship-Aqua

  • Oasis 21

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • Mochi-no-ki Square

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • Central Park

  • Central Park Floor Map

  • Central Park

  • Central Park

  • Central Park

  • Under MIRAI TOWER

  • Chube Electric Power MIRAI TOWER

  • Chube Electric Power MIRAI TOWER

  • MIRAI TOWER3F

  • MIRAI TOWER3F

  • Sky Deck MIRAI360

  • Sky Deck MIRAI360

  • Sunset

  • Night view

  • Night view

  • Sakae intersection Night view

  • Sakae intersection Night view

  • Sakae intersection Night view

  • Oasis 21 Spaceship-Aqua

  • Oasis 21 Spaceship-Aqua

  • Toyoda Gosei Link

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • Chube Electric Power MIRAI TOWER

  • TOWER Entrance

  • Observation Deck Project Mapping

  • Observation Deck Project Mapping

  • Night view from the observatory

To the head of this page
]]>
名古屋ウオーキングMap No.2 栄地区 2022-01-28T15:03:36+09:00 2022-04-25T18:36:49+09:00 http://network2010.org/article/2177

【動画】ウオーカブルタウン栄 

名古屋ウオーキングMap INDEXへ
①江戸時代の名古屋城下を探索
②ウオーカブルタウン栄
③名古屋駅ウオーキングMap
④名古屋城ウオーキングMap

  

栄交差点周辺の栄地区は名古屋最大の繁華街として知られている。近年、リニア新幹線開通に向けて名古屋駅周辺の開発が進み、その存在感を低下させてはいるものの、2019年初頭からPark-PFIを利用した久屋大通公園の再整備事業が開始され、2020年9月に北側の整備工事が完了した。また同時期に、名古屋テレビ塔(現中部電力 MIRAI TOWER)の免震工事とリニューアルも行われた。この企画では、歩行者目線で栄地区を紹介している。

ウオーカブルタウン栄
  • 栄周辺地図

  • 地下鉄栄駅周辺

  • 栄交差点

  • 栄交差点

  • 栄地下クリスタル広場

  • 栄地下クリスタル広場

  • 栄地下街

  • 森の地下街フロアーマップ

  • 森の地下街

  • 森の地下街

  • オアシス21

  • オアシス21

  • オアシス21

  • オアシス21

  • オアシス21水の宇宙船

  • オアシス21水の宇宙船

  • オアシス21

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • もちの木広場

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • セントラルパーク

  • セントラルパークフロアーマップ

  • セントラルパーク

  • セントラルパーク

  • セントラルパーク

  • MIRAI TOWERの真下へ

  • 中部電力 MIRAI TOWER

  • 中部電力 MIRAI TOWER

  • MIRAI TOWER3F

  • MIRAI TOWER3F

  • MIRAI TOWER展望台

  • MIRAI TOWER展望台

  • 日没

  • 夜景

  • 夜景

  • 栄交差点夜景

  • 栄交差点夜景

  • 栄交差点夜景

  • オアシス21水の宇宙船

  • オアシス21水の宇宙船

  • 豊田合成リンク

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • RAYARD Hisaya-odori Park

  • 中部電力 MIRAI TOWER

  • MIRAI TOWER入口

  • 展望台プロジェクトマッピング

  • 展望台プロジェクトマッピング

  • 展望台からの夜景

このページの先頭へ
]]>
Tour of Nagoya Castle Town in the Edo Period(1603-1868) 2022-01-27T11:14:44+09:00 2022-04-26T16:51:25+09:00 http://network2010.org/article/2176

【Video】Tour of Nagoya Castle Town in the Edo Period(1603-1868) 

Nagoya Walking Map INDEXへ
①Tour of Nagoya Castle Town
②Sakae Walking Map
③Nagoya Station Area Walking Map
④Nagoya Castle Area Walking Map

In 1600,Tokugawa Ieyasu defeated the western army led by Ishida Mitsunari at the Battle of Sekigahara and founded the Edo shogunate in 1603.Ieyasu built Nagoya Castle on the northern edge of the Nagoya plateau in preparation for the coming decisive battle against the Toyotomi family.Nagoya Castle Town was built on the south side of Nagoya Castle.In the center of the castle town, there was a residential area for merchants and craftsmen called "Go-ban-wari," surrounded by samurai residences.Furthermore, temples were placed on the west, east, and south sides of its perimeter to prepare for attacks from outside enemies.This website introduces the Nagoya castle town in the Edo period from south to north, using guide to famous Spots, old maps, and current drone images.

江戸時代の名古屋城下を探索
  • 01 Map

  • 02 Ubado & Sadan-bashi bridge

  • 03 Gentayusha shrine

  • 04 Current ferry terminal area

  • 05 Shichiri-no-Watashi Ferry Terminal

  • 06 Luxury inns in the ferry terminal

  • 07 Current Oseko fish market area

  • 08 Oseko fish market

  • 09 Hononji Temple

  • 10 Hojiji Temple and Shiratori ancient tomb

  • 11 Current Atsuta Shrine area

  • 12 Atsuta Shrine

  • 13 Yamato Takeru and his wife

  • 14 Seiganji Temple

  • 15 Ichi-no-torii shrine gate

  • 16 Myoanji Temple

  • 17 Map of Nagoya Castle Town

  • 18 Kawaguchi-ya Candy Store

  • 19 Sanno Inari shrine

  • 20 Higashi Betsuin Temple

  • 21 Fujimi-ga-hara field

  • 22 Map of Nagoya Castle Town

  • 23 Hioki-bashi Bridge

  • 24 Suigeturo Japanese restaurant

  • 25 Nishi Betsuin Temple

  • 26 Nanatsu-dera Temple

  • 27 Nanatsu-dera Temple precincts

  • 28 Seijuin Temple

  • 29 Osu-kannon Temple

  • 30 Myo-ou-den of Daikoin Temple

  • 31 Map of Nagoya Castle Town

  • 32 Banshoji Temple

  • 33 Hakusetsu Inari Shrine

  • 34 Sokenji Temple

  • 35 Seikoin Temple

  • 36 Map of Nagoya Castle Town

  • 37 Hakurinji & Seishuji Temple

  • 38 Wakamiya Hachiman Shrine

  • 39 Wakamiya Festival

  • 40 South Temple Complex

  • 41 Suzaki-jinzya Shrine

  • 42 Map of Nagoya Castle Town.

  • 43 Hiroi Mikura Warehouse

  • 44 Hirokoji Street

  • 45 Asai Family Medical Museum

  • 46 Asahi Shrine

  • 47 Komiyama Pharmacy

  • 48 Seitokuji Temple

  • 49 Hommachi 4-chome

  • 50 Tenma-kaisho meeting place

  • 51 Sakura-tenjin Shrine

  • 52 Hommachi 3-chome

  • 53 Uonodana Street

  • 54 Ito Gofukuten kimono dealer

  • 55 Map of Nagoya Castle Town

  • 56 East Temple Town

  • 57 East Temple Town

  • 58 East Temple Town

  • 59 East Temple Town

  • 60 East Temple Town

  • 61 Map of Nagoya Castle Town

  • 62 Kenchuji Temple

  • 63 Sooji Temple

  • 64 Map of Nagoya Castle Town

  • 65 Matsuyama-jinja Shrine & Yonenji Temple

  • 66 The pond in the backyard of Yoinenji Temple

  • 67 Chokyuji Temple

  • 68 Nanao Tenjin Shrine

  • 69 Origin of Nanao Tenjin Shrine

  • 70 Map of Nagoya Castle Town

  • 71 The current San-no-Maru area

  • 72 Sannomaru Tenno Shrine

  • 73 Sannomaru Tenno Festival

  • 74 San-no-Maru Toshogu Shrine

  • 75 Toshogu Festival

  • 76 Toshogu Festival

  • 77 Toshogu Festival

  • 78 Toshogu Festival

  • 79 Toshogu Festival Progress Course

  • 80 Map around Nagoya Castle

  • 81 Currently Nagoya Castle Honmaru

  • 82 Drawing the stone of Kato Kiyomasa

  • 83 Nagoya Castle

  • 84 The current center of Nagoya City

To the head of this page
]]>
江戸時代の名古屋城下を探索 2022-01-26T13:05:08+09:00 2022-04-25T18:35:34+09:00 http://network2010.org/article/2175

【動画】江戸時代の名古屋城下を探索 

名古屋ウオーキングMap INDEXへ
①江戸時代の名古屋城下を探索
②ウオーカブルタウン栄
③名古屋駅ウオーキングMap
④名古屋城ウオーキングMap

  

名古屋の城下町は、関ケ原の戦いに勝利した徳川家康が、来るべき豊臣家との決戦に備えて名古屋台地の北端に名古屋城を築きた時に名古屋城の南側に作られた。中心に碁盤割と呼ばれる町人の住居が置かれ、その周りを武家屋敷で囲んでいた。さらにその外周の西、東、南に寺院を配置した防御に優れた都市構造を持っていた。「江戸時代の名古屋城下を探索」は、熱田から名古屋城にいたる江戸時代の名古屋城下 の様子を、名所図会、古地図また現在のドローン映像で紹介します。

江戸時代の名古屋城下を探索
  • 01名古屋城下

  • 02姥堂・裁断橋

  • 03源太夫社

  • 04七里の渡し渡船場

  • 05築地の遊興

  • 06大瀬古魚の市

  • 07日蓮宗本遠寺

  • 08白鳥山法持寺

  • 09空撮映像

  • 10空撮映像

  • 11 熱田神宮

  • 12日本武尊と妃の宮簀媛命

  • 13誓願寺

  • 14地図

  • 15熱田神宮一の鳥居

  • 16沢観音妙安寺

  • 17地図

  • 18古渡川口屋飴店

  • 19古渡稲荷と小栗街道

  • 20東本願寺別院

  • 21富士見原

  • 22地図

  • 23日置橋満開の桜

  • 24酔雪楼

  • 25西本願寺別院

  • 26七ッ寺長福寺

  • 27七ッ寺境内

  • 28清寿院と大須門前町

  • 29大須観音真福寺

  • 30大光院明王殿

  • 31地図

  • 32亀岳林万松寺

  • 33万松寺境内白雪稲荷

  • 34総見寺

  • 35性高院

  • 36地図

  • 37政秀寺・白林寺

  • 38若宮八幡社

  • 39 若宮祭

  • 40南寺町寺院群

  • 41洲崎神社

  • 42地図

  • 43広井三蔵

  • 44広小路本町夕景

  • 45医学館薬品会

  • 46広小路朝日神社

  • 47小見山宗法店

  • 48聖徳寺

  • 49本町4丁目植木市

  • 50伝馬会所

  • 51桜天満宮

  • 52本町3丁目植木市

  • 53魚の棚通

  • 54茶屋町いとう呉服店

  • 55地図

  • 56東寺町01

  • 57東寺町02

  • 58東寺町03

  • 59地図

  • 60建中寺

  • 61相応寺

  • 62地図

  • 63松山神社と養念寺

  • 64養念寺烏が池

  • 65長久寺

  • 66七尾天神社

  • 67七尾天神出現の図

  • 68地図

  • 69現在の名古屋城三の丸

  • 70三之丸天王社

  • 71三之丸天王社祭礼

  • 72三の丸東照宮

  • 73東照宮祭01

  • 74東照宮祭02

  • 75東照宮祭03

  • 76東照宮祭04

  • 77東照宮祭05

  • 78地図

  • 79現在の名古屋城本丸

  • 80加藤清正 石引きの図

  • 81名古屋城

  • 82現在の名古屋城

このページの先頭へ
]]>