Network2010.org - 名古屋100km圏内の情報発信ネットワーク http://network2010.org/ 2020-04-03T16:22:02+09:00 YouTube動画視聴者 2020/1月・2月・3月 2020-04-03T11:37:49+09:00 2020-04-03T16:22:02+09:00 http://network2010.org/article/2098
  • 2020年、1月、2月、3月のNetwork2010 YouTubeチャンネルに掲載した動画のデータです。いつものように上位50本のタイトルが下記に列記してあります。

    このページの先頭へ
    ]]>
    リニア時代の名古屋のまちづくりNo.10 ミツコシマエ ヒロバス 2020-03-18T14:35:58+09:00 2020-03-18T15:10:52+09:00 http://network2010.org/article/2097

    【動画】リニア時代の名古屋のまちづくりNo.10 ミツコシマエ ヒロバス

    大画面でご覧になりたい方はYouTube Network2010で

    Menu---久屋大通公園映像マップ
    ①栄地区再生へ
    ②久屋大通公園再生
    ③名古屋テレビ塔
    ④中日ビル
    ⑤都心を支える水のみち・風の道
    ⑥栄地下街
    ⑦ 世界コスプレサミット
    ⑧ インバウンド
    ⑨ テレビ塔リニュアル
    ⑩ ミツコシマエ ヒロバス
    インタビュー要約

    ミツコシマエ ヒロバスの事業期間は3年ですが、ちょうど新中日ビルの工事期間にあたります。栄バスターミナルがなくなり、広場になるという情報を得て、栄の活性に協力するため(株)中日新聞社を代表構成法人として、(株)三晃社、中部土木(株)、(株)電通中部支社、の計4社で、栄バスターミナル跡地の暫定活用事業提案を行い採用されました。

    東京オリンピックとパラリンピックの期間中については関連イベントを開催する場所として注目をあびると思います。また、テレビ塔エリア、北エリアと一体となって都心の賑わいをつくるスポットになることを目指しています。東京オリンピック後は、2026年にアジア大会が控えていますので、それに向けての活用も考えています。ミツコシマエ ヒロバスは、Park of Hero and Heroine(パークオブ ヒーロ&ヒロイン)スポーツを軸としてみんなが主人公になれるというコンセプトなので、スポーツを軸にした様々なイベントを展開したいと思っています。収益源としては併設しましたレストランとコンビニ店舗からの賃料と広場部分の使用料の二つで成り立っています。7月には久屋大通公園の北部分の整備事業が完了します。これで南北のつながりが目に見えてはっきりしますし、その効果は大きいと思います。お互いのスタンスの違いはありますが、南北の広場の真ん中と北ですので人が行き来しながら良い連動制が必ず生まれると思っています。

    久屋大通公園の南エリアは、北と比べて非常にむつかしい要素をいくつか持っています。地下に大きな駐車場を抱えていること。車の街名古屋で、車の利便性を都心から奪った場合に周辺の百貨店の理解が得られるかどうかといった大きな問題があります。理想としては、少し地下街を広げる形で地下広場を拡大していただけるとありがたいと思いますが、実際の利害関係を調整するのは簡単ではありません。北エリアに比べ地下に商店街がないので、地上だけで賑わいを醸しだすのは非常に難しいことだと思います。もう一つ、東西に大きな道路(錦通、広小路通)が走っていりことです。車を止めずに公園を一体化して賑わいを出すかも大きな課題です。これから3年間かけて名古屋市が計画を立てる南エリアの開発に関係する会議に参加するたびにこの点について申しあげています。噴水公園のあるエリアから南側が今回の再開発・整備の対象地区になりますが、噴水公園のある場所をどう生かすかが非常にむつかしいのではないかと思っています。

    その会議の場で、ジャストアイデアで個人的に提案したものですが、噴水広場には何もつくらず、広小路通と錦通と久屋大通の東西南北の四つの交差点を同時スクランブル交差点にする案を出しました。人が対角線方向に斜めに移動することが可能になります。名古屋のど真ん中を人の動きで表現できる可能性のある場所になると考えます。出来ない理由は山ほどあると思いますが、資金も必要としませんので何とかうまく実現できれば、新中日ビルや栄交差点などがスクランブル交差点で結ばれ大きな効果を生むと考えています。

    市民が集って憩い、遊べるような公園というような発想はほとんどなかったまま長い年月が経過しました。名古屋にとっての最大の遺産をやっとこの場で生かそうという瞬間を迎えようとしています。今まで名古屋の方は、都心の栄や名古屋駅について意見を言ったり、戦わす場が少なかったように思います。そういった意見の交換がなければ街は面白くなりません。賛成意見ばかりだけではなく、反対意見や異論もあってしかるべきで、それが街を良くして行くんだと思っています。行政にもそんな考えで望んでいってほしいと願っています。200万都市のど真ん中に幅100m、長さ1.8kmの手つかずの公園開発事業は全国のどこもやっていません。多くの他都市が先進事例として参考にするような事業として成功して欲しいと思っています。

    このページの先頭へ

    映像ダイジェスト-画像をクリックすると拡大

    このページの先頭へ
    ]]>
    尾張・美濃 織田信長・斎藤道三ゆかりの地 2020-03-06T14:49:12+09:00 2020-03-11T20:29:27+09:00 http://network2010.org/article/2096

    【動画】尾張・美濃 織田信長・斎藤道三ゆかりの地

    織田信秀・信長と土岐氏と斎藤道三の尾張・美濃国制覇。織田信長が岐阜城で天下をめざす過程を、ドローン映像を交えて紹介している。

    大画面でご覧になりたい方はYouTube Network2010で

    映像ダイジェスト-画像をクリックすると拡大

    このページの先頭へ
    ]]>
    映像で栄の魅力発信プロジェクト! 2020-03-02T15:09:23+09:00 2020-03-03T20:46:34+09:00 http://network2010.org/article/2095
    ************************************************************************
    名古屋100キロ圏の映像による情報発信を行っているウエブサイトNetwork 2010を運営 しているNPO法人ビジュアルコンテンツ・プロダクトネットワーク(NPO法人VCPN)は、このたびNPO法人久屋大通発展会とコラボして「映像で栄の魅力発信プロジェクト!」を進めることになりました。具体的には、2019年1月よりNPO法人VCPNが行っているシリーズ「リニア時代の名古屋のまちづくり 栄地区再生へ」の継続、久屋大通公園映像マップのさらなる充実、名古屋市住宅都市局の運営する栄情報発信Twitter「栄に、行こっ!」への動画提供、新たに栄のまちづくりへの提言をインタビュー形式で紹介したいと考えております。 
    発信媒体は、ウエブサイトNetwork2010、Network2010 YouTube チャンネルNetwork 2010 Twitter、NPO法人久屋大通発展会のウエブサイト等で行います。
    NPO法人VCPN(理事長後藤幸一)は、2002年に設立された名古屋地域からの情報発信と地域活性を目的とした法人です。名古屋市住宅都市局をはじめ関係部署の協力を得て、名古屋駅地区、栄地区の映像による情報発信を行っています。
    NPO法人久屋大通発展会(代表者大澤和宏)は、名古屋テレビ塔完成の翌年、1955年に設立されたテレビ塔発展会を前身とし、地元だけでなく広く栄地区の発展を願う 人々による栄地区の活性をめざす目的で2006年に特定非営利活動法人に 改組されました。法人化後の活動としては、久屋大通公園の再整備事業 開始に先立つ社会実験への参加や久屋大通公園一帯の清掃活動など、久屋 大通公園を核にしたエリアの清潔で魅力ある街づくりを推進する活動を積極的に行っています。
    このプロジェクトは、2027年のリニア中央新幹線開業に向けて名古屋駅地区とともに変貌する栄地区の魅力を全国に発信しようする企画です。事業主体である、名古屋市住宅都市局と情報交換を行いながら進めていこうと考えています。
    NPO法人ビジュアルコンテンツ・プロダクトネットワーク
    NPO法人久屋大通発展会
    ************************************************************************
    栄地区は、江戸時代から続く中部圏随一の繁華街であり、大規模な公共空間や文化・芸術にも恵まれた非常に贅沢なエリアです。リニア時代に向けた名古屋のさらなる発展は、栄地区の発展を抜きにして語れません。
    今、栄地区は、Park-PFIを活用した久屋大通公園の再生や民間の再開発など大規模なプロジェクトが続々と進行しており、大きく生まれ変わろうとしています。
    こうした中で、Youtubeチャンネル、ウエブサイト「Network2010」などにより映像を通じて名古屋の魅力を発信してきたNPO 法人「ビジュアルコンテンツ・プロダクトネットワーク」が、「映像で栄の魅力発信プロジェクト!」として、この大きく変わりゆく栄の今を世界に向けて発信する取り組みを進めています。また、この取り組みは久屋大通公園を核にして栄の魅力ある街づくりを進めてきたNPO 法人「久屋大通発展会」とコラボして進められます。
    SKE48との連携などにより栄地区プロモーションプロジェクトを進めている名古屋市住宅都市局としても、栄地区のさらなる盛り上げに向けて、この取組みに協力するとともに、公式Twitter「栄に、行こっ!」で連携して魅力発信を行っています。
    ぜひ多くの方にこの取組みを知っていただき、一緒に栄地区の盛り上げを図っていけたらと思います。
    名古屋市住宅都市局長 光安達也
    ]]>
    久屋大通公園映像マップ 2020-01-25T10:59:59+09:00 2020-03-03T10:32:26+09:00 http://network2010.org/article/2091
  • ①Japanese
    ②English

    天明2年名古屋図(名古屋市博物館蔵)
    本丸御殿復元図
    動画
    名古屋テレビ塔
    セントラルパーク
    オアシス21
    愛知芸術文化センター
    森の地下街
    サカエチカ
    ドンキホーテ
    サンシャインサカエ
    中日ビル
    ⑩日建設計模型サロン
    ミツコシマエヒロバス
    久屋大通再生社会実験
    *************************************************************************

    名古屋を知ろう!セレクト映像

    このページの先頭へ
    ]]>
    YouTube動画視聴者 2019/10.11.12 2020-01-05T10:13:47+09:00 2020-01-05T17:24:44+09:00 http://network2010.org/article/2093
  • 2019年、10月、11月、12月のNetwork2010 YouTubeチャンネルに掲載した動画のデータです。いつものように上位50本のタイトルが下記に列記してあります。

    このページの先頭へ
    ]]>
    Transforming Hisaya Odori Park in Nagoya 2019-12-25T19:28:49+09:00 2020-01-06T20:04:55+09:00 http://network2010.org/article/2092
  • ①Japanese
    ②English
    天明2年名古屋図(名古屋市博物館蔵)
    本丸御殿復元図

    Video

    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    本丸御殿復元図
    To Page Top

    Photo

    • Surrounding map

    • Nagoya Castle & Honmaru Palace

    • Aichi Prefectural Office & City ​​Hall

    • Nagoya Expressway Central Loop Line

    • Hisaya Odori Park North Area 2018.10

    • Hisaya Odori Park North Area 2019.1

    • Hisaya Odori Park North Area 2019.1

    • Hisaya Odori Park North Area 2019.10

    • North Area Complete image

    • Tv tower Area North side 2018.10

    • Tv tower Area North side 2019.10

    • North side Complete image

    • TV Tower Seismic isolation work

    • TV Tower Seismic isolation work

    • TV Tower Seismic isolation work

    • Tv tower Area South side 2018.10

    • Tv tower Area South side 2019.4

    • Tv tower Area South side 2019.10

    • South side Complete image

    • Mori-no-Chikagai

    • Central Park

    • Sakae Chika

    • Oasis 21 & Aichi Arts Center

    • Oasis 21 & Aichi Arts Center

    • Don Quixote & SUNSHINE SAKAE

    • SUNSHINE SAKAE Sky-Boat

    • Sakae intersection

    • Sakae intersection

    • Chunichi Building(Before rebuilding)

    • New Building Complete image

    • Mitsukosimae Hirobasu 2019.10

    • Hirobasu Complete image

    • Sakae-BA400 Model salon

    • Hisaya Odori Park South Area

    • Hisaya Odori Park South Area

    • Expressway Osu direction

    • Expressway Marutamachi direction

    • Hisaya Odori Garden Florie

    To Page Top
    ]]>
    リニア時代の名古屋のまちづくりNo.9 名古屋テレビ塔の免震工事とリニューアル 2019-11-12T16:39:16+09:00 2020-03-18T15:05:34+09:00 http://network2010.org/article/2090

    【動画】リニア時代の名古屋のまちづくりNo.9 名古屋テレビ塔の免震工事とリニューアル

    大画面でご覧になりたい方はYouTube Network2010で

    *このシリーズは、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の整備事業の進捗を中心に名古屋栄地区をハードおよびソフト面でインタビュー形式で紹介する企画です。2020年7月まで、約1ヶ月ごとに発信し栄地区の魅力をお届けします。*
    Menu---久屋大通公園映像マップ
    ①栄地区再生へ
    ②久屋大通公園再生
    ③名古屋テレビ塔
    ④中日ビル
    ⑤都心を支える水のみち・風の道
    ⑥栄地下街
    ⑦ 世界コスプレサミット
    ⑧ インバウンド
    ⑨ テレビ塔リニュアル
    ⑩ ミツコシマエ ヒロバス

    名古屋栄地区の魅力発信!サポーターリスト

    関連コンテンツ  名古屋栄地区130年の変遷

    竹中工務店作業所長 徳野 亨インタビュー要約

    耐震といいますと鉄骨を入れたり、ダンパーを入れたりして形状が変わってしまいますが。名古屋テレビ塔に耐震かんしては、できるだけ外観を変えずに地震に強くするため基礎部分に免震装置を入れて、地震の力が建物に入らないようにしています。テレビ塔自体の重心が低いということで免震に適合していることでこの工法が採用されました。東京タワーの場合、高さが333mでかなり大きな建物になります。実際、東日本大震災の時も影響を受けているとのことですので制震、塔体自体を強くするという工法を取って耐震工事を進めています。

    テレビ塔の重量は約4000トンといわれています。一つの基礎に約1000トンの重量がかかっています。 その重量を各基礎、4台のジャッキで受けています。現在工事中なので完全に免震化されていません。既存の地中梁と、新たに設けた親設外周タイビームできちっと連結していますので、地震が来ても耐えうると考えています。なお、免震化工事完了後は、既設タイビームは、切断残置されます。

    免震化工事完了後、地震が起こったときには計算上東西南北に約50cm動くとされています。いままで1階から3階に昇るエレベータは地面の上にありましたので免震化工事でテレビ塔本体が移動しますと破損してしまします。その対策としてテレビ塔の西側に2基を有する建物を新築しています。各階と本体を渡り廊下のようなもので繋ぐことになっています。渡り廊下も電車の連結部のように自由に動くような構造で地震に対応しています。

    名古屋テレビ塔は真下に荷重がかかるのではなく、斜めに力が入ってくるので開く力をいかに制御して行くかが、一つの工事のポイントになっています。その意味で世界でも前例がないと申しあげています。一般の構造物と違い特殊物が対象になりますが、鉄塔とか注脚などに応用できるのではないかと考えています。

    • テレビ塔1階

    • 免震工事前

    • 免震工事前

    • 免震工事前

    • 免震工事後

    • 免震工事後

    • 地震対策工事の比較

    • テレビ塔の免震工事

    • テレビ塔の免震工事

    • テレビ塔の免震工事

    • テレビ塔の免震工事

    • テレビ塔の免震工事

    • 親設外周タイビーム

    • 親設外周タイビーム

    名古屋テレビ塔 常務取締役 若山 宏インタビュー要約

    今まで機械室として使っていた5階と、レストランがあった4階がホテルになります。5階は南北1部屋づつ2部屋のスイートルーム(約60㎡)で、各部屋にバルコニーも設置されます。4階部分は13部屋、それにホテル利用者用のレストランが設置されます。名古屋を代表するようなホテルになることを期待しています。

    3階には展望台へ昇るエレベータの乗場がありました。工事完成後は展望台も再開されますので今まで同様に使用されます。またこの階にはお土産を販売するショップや、公園を見下ろすカフェ、VR体験などが出来、そこで学習、体験が出来るスペースに生まれ変わります。

    • 作業用エレベーターで5Fへ

    • ドローン空撮

    • 名古屋テレビ塔5F

    • 5F工事現場

    • 5F工事現場

    • 5F完成イメージ

    • 5F完成イメージ

    • 4F工事現場

    • 4F工事現場

    • 4F完成イメージ

    • 4F完成イメージ

    • 3F工事現場

    • エレベーター棟建設工事

    • 完成イメージ

    このページの先頭へ
    ]]>
    リニア時代の名古屋のまちづくりNo.8 インバウンド 2019-10-22T13:51:11+09:00 2020-03-18T15:05:07+09:00 http://network2010.org/article/2088

    【動画】リニア時代の名古屋のまちづくりNo.8 インバウンド

    大画面でご覧になりたい方はYouTube Network2010で

    *このシリーズは、久屋大通公園(北エリア・テレビ塔エリア)の整備事業の進捗を中心に名古屋栄地区をハードおよびソフト面でインタビュー形式で紹介する企画です。2020年7月まで、約1ヶ月ごとに発信し栄地区の魅力をお届けします。*
    Menu---久屋大通公園映像マップ
    ①栄地区再生へ
    ②久屋大通公園再生
    ③名古屋テレビ塔
    ④中日ビル
    ⑤都心を支える水のみち・風の道
    ⑥栄地下街
    ⑦ 世界コスプレサミット
    ⑧ インバウンド
    ⑨ テレビ塔リニュアル
    ⑩ ミツコシマエ ヒロバス

    名古屋栄地区の魅力発信!サポーターリスト

    関連コンテンツ  名古屋栄地区130年の変遷

    名古屋市観光文化交流局 近藤真由美主幹インタビュー要約

    名古屋市における平成30年外国人宿泊者の年間総実人数は、推計で123万人、対前年比1割増。国・地域別で最も多いのが中国から、次いで台湾、香港の順となっている。これまで、インバウンド誘致の強化作として①アジアを中心として台湾、ベトナム、韓国における観光プロモーション事業。②外航クルーズ船誘致事業。③広域連携による周辺自治体等との連携事業などを行っている。また、①歴史的コンテンツ、②産業的コンテンツ、③なごやめし、④都市の利便性、⑤特色あるイベントの5つのテーマで海外にアピールを行っている。

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    • 提供:名古屋市

    ドン・キホーテ名古屋栄店 鈴木一功店長インタビュー要約

    ドン・キホーテ名古屋栄店は2014年、錦通大津交差点北西角で営業を開始した。当初の外国人の来店者は約3割程度であったが、最近では4割、5割と年々比率が上昇している。名古屋においては中国、台湾の来店者が多いが、最近ではタイ、ベトナム、フィリピン、インドネシアなどの東南アジアや香港などの客数が増えている。かってはブランド品や電化製品の購買が主力であったが、最近では医薬品、コスメ用品、食料品など購買動向も変化している。久屋大通の再開発によって訪日客だけでなく、日本各地から栄地区への観光客の増加も見込まれるので、このエリアとして期待している。

    名古屋観光コンベンションビューロー 杉﨑正美理事長インタビュー要約

    公益財団法人名古屋観光コンベンションビューローは、平成2年コンベンションの誘致及び観光の振興を図る目的で設立された。現在では、中国、韓国、台湾さらには東南アジアの国々を対象に、関東や関西を訪れているインバウンドの観光客を名古屋に呼び込む活動を行っている。また、江戸時代の尾張藩のエリアである木曽の自治体と広域連携をおこない、木曽の豊かな森林や水などをコンセプトとして、特に欧米の観光客を誘致するように事業展開を行って行きたいと考えている。開設当初の久屋大通公園はテレビ塔を中心としたフラットな空間で、その後様々な構造物が出来て憩いの空間としての機能が損なわれた面もあり、今回の整備事業でアムーズメント施設を伴ったオープンな広場として生まれ変わることで、外国人や他県の来訪者が周遊できる空間になることを期待している。

    • 提供:中部森林管理局

    • 提供:中部森林管理局

    • 提供:Network2010

    • 提供:Network2010

    • 提供:名古屋市

    • 提供:Network2010

    • 提供:名古屋市

    • 提供:Network2010

    • 提供:名古屋市

    このページの先頭へ
    ]]>
    Network2010 YouTube(7月-9月) 上位50コンテンツ 2019-09-30T11:43:10+09:00 2019-09-30T16:17:29+09:00 http://network2010.org/article/2087
  • Network2010は、1000本余の動画をYouTubeに掲載しています。そのなかから2019年第3四半期(7・8・6月)視聴50位のコンテンツのデータと 掲載ページへのINDEXを作成しました。
    • No1-10

    • No11-20

    • No21-30

    • No31-40

    • No41-50

    • 視聴世代

    ]]>