アーカイブス

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「旭遊郭(花園町)」

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋市役所」

    明治40年(1907)火災で焼失するまで名古屋市役所は栄町交差点の南西角におかれていたが、愛知県庁と広小路をはさんだ西側に新築移転された。昭和8年(1933)中区三の丸の現在地に移転された。

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「栄町交差点」

    大正14年(1925)5月に栄町の南西角で営業していたいとう呉服店は大津町に移転し、松坂屋となった。いとう呉服店は松坂屋系列の栄屋として営業を継続した。大正11年(1922)、名古屋市は名古屋電気鉄道を買収し市営の路面電車が誕生し...

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋駅前の人力車」

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋駅構内」

    列車の発着回数も大正末期には1日あたり100本を超え、名古屋駅発着の貨物も明治33年(1900)の年間14万トンから大正末期には年間100万トンをこえた。旅客と貨物の併用は飽和状態に近づいて新駅建設の機運が盛り上がった。

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋駅(笹島)前」

    明治22年(1899)東海道全通の時点でも、新橋~神戸間の直通列車は日にわずか往復4本だった。大正時代に入ると乗客数は飛躍的にのび、大正時代中期には年間200万人に達し大正末期には400万人を超えていた。

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋駅前 大正初期」

    明治22年(1899)東海道全通の時点でも、新橋~神戸間の直通列車は日にわずか往復4本だった。大正時代に入ると人口の増加とともに乗客数はのび続けた。

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「瀧兵商店」

    宝暦元年(1751)古知野(現江南市)で、京呉服・絹織物卸商「絹屋兵右衛門」を開業したのが始まり。文政8年(1825)、二代目兵右衛門が名古屋市東万町に出店。その後尾張大納言家御用達を務め、尾張十人衆に数えられている。明治8年(1...

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋国技館」

    辰野金吾博士の設計で、大正3年(1914)に完成した名古屋国技館は、名実ともに日本一の国技館であった、しかし人口40万人台の当時の名古屋では入場者数も伸びず、経営も困難になり開館10年も経たず閉鎖された。

  • 2011年12月5日

    大正時代の名古屋「名古屋まつり山車揃え」

    戦前までは、東照宮の祭礼が「名古屋まつり」と呼ばれ、名古屋で最大のまつりとして盛大に行われた。各町内から山車が参加し名古屋城で終結する山車揃えが行われた。現在の「名古屋まつり」でもこの伝統が引き継がれている。