名古屋駅の130年の変遷

【動画】名古屋駅130年の変遷

Menu
①名古屋城400年の変遷
②名古屋駅の130年の変遷
③名古屋栄地区130年の変遷

大画面でご覧になりたい方はYouTube Network2010で

明治16年(1883)、政府は東西両京を結ぶ幹線鉄道を中山道に建設することに決定しました。軍事的な理由により海岸線から離れた中山道に敷設する計画でした。中山道を走り大垣に抜ける、この案は名古屋にとって今後の発展に大きな支障をきたすものでした。当時の名古屋区長吉田禄在は、県令国貞廉平とともにこの案に異議をとなえました。木曽から美濃路を越す難所である馬篭峠での工事の困難や、東海道線の経済的な優位性を訴えて公債募集も始まっていたこの案をくつがえし、名古屋を通過する東海道線の開通にこぎつけました。
反対もありましたが明治19年(1886)5月1日 名古屋駅は当時沼地と田んぼであった笹島に建設され、 開業当初は置かれた地から「笹島停車場」とも呼ばれていました。また都心と駅を結ぶため、堀川まで 拡充されていた広小路通を笹島まで延長する工事も突貫工事で行われました。それから12年後の明治31年(1898) 京都についで全国2番目の市内電車が名古屋電気鉄道により広小路(笹島-県庁前間)の運転をはじめました。

昭和12年(1937)に臨海工業地帯(南区熱田前新田)で開催された名古屋汎太平洋平和博覧会にむけて桜通(名古屋駅~大津通)や東山公園の建設が行われました。名古屋汎太平洋平和博覧会にあわせ建設が進められていた名古屋駅も2月に完成しました。笹島は貨物専用駅として昭和61年(1986)まで使われました。
昭和20年(1945)3月と5月の空襲で名古屋の中心部は焼土と化しましたが、名古屋駅は類焼をまぬがれ1999年のJRセントラルタワーズの完成まで名古屋の玄関口として多くの旅客に利用されました。昭和30年代には、駅前に高層ビルが建設されターミナルステーションとしての体裁を整えました。

平成11年(1999)、老朽化の進んだ名古屋駅の建替え工事が終了しJRセントラルタワーズ が完成しました。 駅ビルとしては世界最高で、以後の超高層ビル建設のさきがけとなりました。愛知万博開催の前年、平成16年(2004)には、名古屋駅と金城ふ頭を結ぶ「あおなみ線」も 営業を開始、笹島貨物駅跡地にもささしまライブ駅が置かれ、現在の開発の先鞭をきりました。 その後も、中部地方で最も高いミッドランドスクエア、モード学園スパイラルタワーズ、 名古屋ルーセントタワーなど超高層ビルの建設が進みました。その後も名古屋駅周辺の高層ビル建設が続いています。
2017年には旧貨物駅跡の笹島に複合商業ゾーンささしまライブがオープン、中川運河の定期船運行も始まり名古屋港と名古屋駅地区が結ばれました。2027年のリニア中央新幹線の開通に向けて、名古屋では様々なプロジェクトが進行しています。

地図

名古屋駅の変遷

  •  明治20年(1888)頃の名古屋駅(笹島)と名古屋市街地図

    明治20年(1888)頃の名古屋駅(笹島)と名古屋市街地図

  •  明治19年(1887)開設当時の名古屋駅

    明治19年(1887)開設当時の名古屋駅

  •  明治19年(1887)開設当時の名古屋駅ホーム

    明治19年(1887)開設当時の名古屋駅ホーム

  •  明治時代末期の名古屋駅と市街地図

    明治時代末期の名古屋駅と市街地図

  •  大正時代(1912-1926)初期の名古屋駅前

    大正時代(1912-1926)初期の名古屋駅前

  •  大正時代(1912-1926)中頃の名古屋駅前

    大正時代(1912-1926)中頃の名古屋駅前

  •  大正時代(1912-1926)中頃の名古屋駅前構内

    大正時代(1912-1926)中頃の名古屋駅前構内

  • 大正時代(1912-1926)末頃の名古屋駅前

    大正時代(1912-1926)末頃の名古屋駅前

  • 名古屋駅天皇行幸奉迎搭

    名古屋駅天皇行幸奉迎搭

  •  昭和時代(1926-1989)初頭の名古屋市街地図

    昭和時代(1926-1989)初頭の名古屋市街地図

  •  昭和時代(1926-1989)初頭の名古屋駅周辺地図

    昭和時代(1926-1989)初頭の名古屋駅周辺地図

  •  現在の笹島交差点(2012年)

    現在の笹島交差点(2012年)

  • 昭和8年(1933)頃の名古屋駅前広小路

    昭和8年(1933)頃の名古屋駅前広小路

  • 昭和時代(1926-1989)初期の名古屋駅前

    昭和時代(1926-1989)初期の名古屋駅前

  • 昭和時代(1926-1989)初期の名古屋駅前

    昭和時代(1926-1989)初期の名古屋駅前

  • 昭和11年(1936)頃の旧駅(笹島)と新駅

    昭和11年(1936)頃の旧駅(笹島)と新駅

  •  現在の名古屋駅周辺(2012年)

    現在の名古屋駅周辺(2012年)

  • 完成間近の新名古屋駅を通る蒸気機関車

    完成間近の新名古屋駅を通る蒸気機関車

  • 完成間近の名古屋駅構内

    完成間近の名古屋駅構内

  • 現在の名古屋駅ホーム(2009年)

    現在の名古屋駅ホーム(2009年)

  • 完成直前の桜通(名古屋駅~大津通)

    完成直前の桜通(名古屋駅~大津通)

  • 完成後の名古屋駅前(1939年)

    完成後の名古屋駅前(1939年)

  •  現在の名古屋駅前(2012年)

    現在の名古屋駅前(2012年)

  •  昭和16年(1941)頃の名古屋駅周辺地図

    昭和16年(1941)頃の名古屋駅周辺地図

  • 焼土と化した名古屋市中心部

    焼土と化した名古屋市中心部

  •  現在の名古屋駅前(2012年)北西方向

    現在の名古屋駅前(2012年)北西方向

  • 昭和20年代中頃の名古屋駅前北西方向

    昭和20年代中頃の名古屋駅前北西方向

  •   現在の名古屋駅前桜通(2012年)

    現在の名古屋駅前桜通(2012年)

  • 昭和20年代中頃の名古屋駅前桜通

    昭和20年代中頃の名古屋駅前桜通

  • 現在の名古屋駅前(2012年)南東方向

    現在の名古屋駅前(2012年)南東方向

  •  昭和20年代中頃の名古屋駅前南東方向

    昭和20年代中頃の名古屋駅前南東方向

  •  名古屋駅付近(1954年)

    名古屋駅付近(1954年)

  • 昭和33年(1958)の名古屋駅周辺地図

    昭和33年(1958)の名古屋駅周辺地図

  •  名駅前の地下鉄工事(1956年頃)

    名駅前の地下鉄工事(1956年頃)

  • 名駅前の地下鉄工事(1956年頃)

    名駅前の地下鉄工事(1956年頃)

  • 昭和34年(1959)頃の名古屋駅周辺

    昭和34年(1959)頃の名古屋駅周辺

  •  名古屋駅前(1961年頃)

    名古屋駅前(1961年頃)

  •  名古屋駅周辺(1965年)

    名古屋駅周辺(1965年)

  •  名古屋駅周辺(2009年)

    名古屋駅周辺(2009年)

  • 名古屋駅周辺(2009年)

    名古屋駅周辺(2009年)

  • 名古屋駅と名古屋城(2015年9月)

    名古屋駅と名古屋城(2015年9月)

  • 名古屋駅前(2016年1月)

    名古屋駅前(2016年1月)

  • 名古屋駅(2017年9月)

    名古屋駅(2017年9月)

  • 名古屋駅東口(2017年11月)

    名古屋駅東口(2017年11月)

  • ささしまライブ24(2017年9月)

    ささしまライブ24(2017年9月)

  • ささしまライブ24(2017年9月)

    ささしまライブ24(2017年9月)

このページの先頭へ
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...